簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

白髪染め・ヘアカラーが服に付いた時の染み抜き方法は?

ドラッグストアや薬局等で手軽に白髪染め・ヘアカラーが買えるようになった今、ご自宅で白髪染めやカラーリングをするという人は多いはず。でも自宅でのヘアカラー・白髪染めで困るのが、思いもよらないところに液剤がハネてしまうことですよね。白髪染めや…

ガンコな靴下汚れを落とすには?3つのシミ抜き方法を使い分けよう

白い靴下・ソックスにしっかりと付いてしまった黒っぽい汚れ。「ちゃんと洗濯したつもりなのに、ちっともキレイにならない…」と肩を落としている方も多いのではないでしょうか? 靴下の汚れには皮脂汚れ・泥汚れ等のいくつかの原因があるのですが、いずれも…

シャツの襟の黄ばみ・襟汚れを落とす2つの染み抜き方法とは?

「きちんと洗っているはずなのに、なんだかシャツの襟が黄色っぽい!」こんな「襟の黄ばみ」に悩んでいるという方、意外と多いのではないでしょうか。汗・皮脂汚れの付着によって起こる「黄ばみ」は、特に白いワイシャツ等では目立ちやすいもの。また襟元は…

大根おろしがシミ抜きに使える?血液、牛乳…意外な染み抜き効果とは

日本人の食卓には頻繁に出てくる「大根おろし」。さんま等の焼き魚にしゃぶしゃぶ、和風ハンバーグや和風ステーキ等、様々な料理に使われていますよね。でもこの大根おろし、実は「シミ抜き」として使うことができるって知っていましたか? 日本では江戸時代…

布張りソファーのシミを取るには?汚れ段階別の染み抜き方法

柔らかな触り心地が魅力の布張りソファー。カラーリングや素材も豊富なので、インテリアのポイントとしてソファを選んだという方も多いのではないでしょうか。最近ではソファの布地を全体的に外し、丸洗いができる製品も増えていますね。丸洗いできるタイプ…

シミに大活躍!炭酸水が染み抜きに使える理由

パチパチと弾ける喉越しが人気の「炭酸水」。現在では無糖の炭酸水(ソーダ水)が、コンビニやスーパー等でも手軽に買えるようになりましたね。お酒を割ったり、果物のエキスを割って楽しんでいる…という人も多いのでは? でもこの炭酸水、実は染み抜きにも…

黄ばみになる「汗ジミ」、キレイに落とすシミ抜き方法とは?

白いシャツの首周りや脇の周辺が、なんだか黄色っぽい…こんな「黄ばみ」の現象に困っているという人は少なくありません。洗っても洗っても落ちない黄ばみの原因は「汗ジミ」。主に初夏~夏、秋にかけて発生しやすいシミなのですが、体温の高い人や男性では年…

泥汚れが落ちない時には?しつこい泥ハネの染み抜き方法

雨の日や雨上がり等に出歩くと、知らないうちにコートやボトムの裾に付いてしまっている「泥ハネ」。幼稚園のお子さんのスモック、小学生のお子さんの体操着等には、泥汚れがしっかりと付いてしまうことも多いですよね。泥ハネ・泥汚れは日常的な汚れと捉え…

色えんぴつもOK!自分でできる鉛筆の染み抜き方法

普通の洗濯だと落ちにくいシミの代表格として挙げられる、文房具のシミ。インクやマジックペンのシミって、かなりガンコですよね。また忘れられがちですが、「鉛筆のシミ(鉛筆の汚れ)」も、衣類の汚れの中ではかなり落ちにくいシミなんです。 特に小さなお…

おねしょの汚れ、ペットの粗相…「おしっこのシミ抜き」を成功させる方法とは?

赤ちゃんや幼稚園生、また犬等のペットが居るお家の場合、頻繁に起こってしまうのが「おしっこの汚れ」。おねしょやトイレのトラブルで、衣類やじゅうたん・ラグ等におしっこのシミができてしまった…ということ、多いですよね。 おしっこは油分をほとんど含…

シャツや靴下を真っ白に!ウタマロ石けんのシミ取り・汚れ取り方法

ウタマロ 石けん 133g×5個パック 真四角の石けんに名前が入ったデザイン、独特なグリーンカラー…ちょっとレトロでシンプル、そんな外見が特徴的な「ウタマロ石けん」。「お店で見かけたことがある」という人、「実家でお母さんが使っていた」という人も多い…

ポリエステル、レーヨン…化学繊維にシミができたら?染み抜き方法と注意点

「化学繊維(化繊)」とは、人工的なプロセスを用いて製造された繊維のこと。綿や絹等の「天然繊維」の反語的に用いられることも多いですね。化学繊維には石油等から作られる「合繊繊維」(ポリエステル等)や、セルロース等を使う「再生繊維」(レーヨン等…

シルクの服にシミができたら?絹の染み抜き方法と注意ポイント

独特の光沢感やスベスベの手触りが人気のシルク(絹)。シルク100%の「正絹」は、訪問着や留め袖等の着物の素材としても有名ですね。また最近ではシャツやスカーフ・ワンピース等のオシャレ着の他、腹巻き・アームカバーといった肌着・小物類にもシルク製品…

毛・ウールの服に染みができたら?シミ抜き方法と注意ポイント

ウールとは、羊毛(羊の毛)を撚って作った糸(毛糸)で作った素材のこと。空気をたっぷりと含むため温度を高く保つことができ、防寒性に優れているのが特徴です。ウール(羊毛)の服は、冬場には欠かせないアイテムですね。 でもウールのセーターや着物等に…

麻の衣類や小物にシミができたら?リネンの染み抜き方法

シャリッとした独特の手触りが魅力の麻(リネン)。ほどよく風を通すことから、特に夏ものの衣類やインテリアグッズ等にも多く使われていますね。またリネンの素朴な風合いはナチュラルファッションとも相性が良く、10年以上前から「リネンファッションアイ…

綿の服にシミができたら?コットンの染み抜き方法と注意ポイント

Tシャツや長袖シャツ、タオルにシーツ等、私達の生活の幅広い衣類や小物として活躍してくれる綿(コットン)。その分、日常生活の中ではコットンにシミを作ることも多いですよね。綿・コットンは比較的丈夫な素材なので、早めに対処をすればキレイに染み抜き…

シミ抜きにも必須の「界面活性剤」とは何?種類や働きを解説

シミ抜きや洗濯等の話題では、頻繁に出てくる「界面活性剤」という言葉。「聞いたことはあるけれど、どんな働きをしているのかは知らない」という方もいることでしょう。また最近では「なんだか体に良くないのでは?」というイメージを持つ人も多いようです…

過酸化水素水はシミ抜き・黄ばみ落としの便利グッズ?上手な使い方と注意点

【第3類医薬品】オキシドール 500mL 過酸化水素水とは、水素に酸素を化合させた水溶液のこと。「昔、理科の実験で使ったことがある…」と、学校時代の記憶を思い出す人も多いのではないでしょうか?実は過酸化水素水は、お掃除やシミ抜き等、家庭内でも便利に…

クレヨンの汚れは取れない?効果的な2つのシミの落とし方

小さなお子さんのお絵かきには欠かせない文房具、クレヨン。でもスモックやお洋服等にクレヨンの汚れが付いてしまうと、「いくら洗っても取れないー!」なんてことが多いですよね。 クレヨンは油分がとても多く、更に色を付けるために顔料や塗料をたっぷり使…

あっ 輪ジミができてる!こんなとき家でキレイに落とす方法は?

「シミ抜きをしたら失敗して、輪ジミができてしまった」「雨に濡れた服をそのまま干しておいたら、輪ジミになってる!」 こんな経験がある人も多いはず。輪ジミとはその名のとおり「シミが輪っかのような形になっている状態」のことを指します。大切な洋服に…

革靴にシミができたら?水シミや油シミの染み抜き方法

ビジネスシーンやフォーマルな場のファッションには欠かせない革靴。ピカピカでキレイな足元は、コーディネート全体の印象もアップさせてくれますね。でも革靴は、意外とシミができてしまいやすいのが大変なところ。 「雨に濡れたら革靴にシミができた」「レ…

トマトソース・ケチャップのシミが取れない!自分でできる汚れの落とし方は?

パスタやピザ、オムライス等には欠かせないトマトソースやケチャップ。日本人の食卓にも上がる回数が増えましたが、その分「トマトソースのシミが付いた」という洋服トラブルの数も増えています。 「トマトソースのシミ、時間がたったら全然落ちない」「どう…

マヨラー必見!マヨネーズのシミ抜きはどうやる?自分でできる3つの方法を解説

今や日本人の食卓には欠かせない「マヨネーズ」。サラダ等だけでなく、サンドイッチや様々なおかずの調味料としても使われていますよね。大人も子供も大好きなマヨネーズですが、衣類の「シミ」になるとなかなか困った存在です。油の使用量が多く、更に固ま…

珈琲・カフェラテのシミができたら?自宅でできる 染み抜き方法

お茶の時間の定番とも言える「珈琲」。自宅ではもちろん、カフェで珈琲やカフェラテを楽しんだり、ランチやディナーの後に珈琲をいただくことも多いですよね。でも色素の強い珈琲は、衣類にハネさせるとなかなか取れないガンコなコーヒーシミになりがちです…

醤油のシミを落としたい!自分でできる醤油の染み抜き方法

お刺身や寿司、焼き魚に目玉焼き…日本の家庭の献立では欠かすことのできない「醤油(しょうゆ)」の存在。でも小皿のしょうゆが知らないうちにハネてしまったりと、意外と服を汚してしまう困り物でもありますよね。知らないうちに醤油のシミができていた!な…

焼き肉のタレのシミが落ちない…効果的なシミ抜き方法は?

大人も子供も大好きな焼き肉。でも焼き肉をした後に衣類にシミを見つけて「ああ…」と肩を落としている人も多いかもしれませんね。焼肉タレ単体のシミは意外と落としやすいシミなのですが、小皿等に取って肉汁と混ざっていると「油分」を多く含むちょっとガン…

赤ワインのシミを落とす!自宅でできる3つの染み抜き方法

ポリフェノールをたっぷりと含んだ赤ワインは、健康や美容にも良いと言われていますね。でも色素成分であるポリフェノールの量が多い分、衣類にハネてシミとなると扱いがかなり面倒なことも。赤ワインのシミができたら、そのまま洗濯しないで事前に染み抜き…

衿回りの汚れもスッキリ!ファンデーション汚れの対処法

パウダリー、リキッド、クリームと、様々なタイプがあるファンデーション。 最近では水・皮脂への強さが売りの商品も多いですよね。 ただその分、着替えの時に襟まわりなどにファンデが付いてしまうと、なかなか取れない汚れになることも。 特に白いシャツや…

染み抜きの強い味方!「漂白剤」を使ったシミ抜き方法

やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤 750g シミや黄ばみの対策として最もメジャーな方法である「漂白剤」。でも漂白剤の使い分けや、漂白効果を上げる使い方については意外と知られていないものです。ここでは漂白剤の種類や効果的な使い方、メリット・デメリット…

泥ハネ・黒ずみの強い味方!「洗濯石けん」を使った染み抜き方法とは?

横須賀 洗濯石鹸 ブルースティック 3本組 固形の洗濯石けんは、昔ながらの洗濯アイテム。でも現在では「洗濯用洗剤」というと粉タイプ(顆粒タイプ)や液体タイプが主流で、「固形石けんは持っていない」という人も多いのではないでしょうか?ところがこの固…