読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

洗濯をするときの液体洗剤と粉末洗剤の選び方

洗剤・薬品

f:id:curininngu:20141221172204j:plain

 

ここ数年、ドラックストアなどで洗濯用の液体洗剤をよく見かけます。
粉末と液体洗剤とでは、どちらがいいのか違いが分からずに購入する方も多いと思います。


粉末洗剤のメリットは、安価で量が多いことです。
1つ購入すると長く使うことができるので大変経済的です。
また、ほとんどの粉末洗剤が弱アルカリ性なので、洗浄能力が高く汚れがよく落ちます。

デメリットは、長持ちはするのですが長期間保管していると湿気などを含んで粉が固まってしまいます。こうなると、砕くのも一苦労です。
粉末洗剤は、低温では洗剤が溶けにくいので、洗濯後に溶けきらず残っていることがあります。

次に液体洗剤のメリットです。
いちばんはやはり溶け残りがほとんどないということです。
最近では、一回のすすぎでも洗えるものも多く、洗濯の時間短縮に非常に良いです。
また、すすぎが一回で済むと水道代・電気代のコストダウンにもつながります。
どこのメーカーも液体洗剤に力をいれているところが多く、たくさんの種類が販売されております。

デメリットは、粉末洗剤と比べると洗浄力が落ちます。
金額も量に対して高価なのでコストパフォーマンスはよくありません。

これらのことを比べて、ご自分の家庭の洗濯スタイルにあった洗剤を選ぶのがよいと思います。
いちばんは、それぞれ自宅に常備しておき、汚れたものは多い時などは粉末洗剤で洗うなど、それぞれの洗濯の種類に合わせて使いこなすのがいちばんよいかと思います。