読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

油は油で落とせ!あっと驚く染み抜き法

裏技

f:id:curininngu:20150210095630j:plain

 

カレーやシチュー、またはドレッシングなどの油分が多いものの染み抜きにはマーガリンを使うといいです。

必要なものは布(いらないものの方がいいです。四つ折りのティッシュペーパーやキッチンペーパーでも代用可能)、マーガリン、ドライヤー、食器用中性洗剤、水。

染みのついた衣服の下にいらない布を敷き、染みにマーガリンを塗りつけます。あまり多く塗りすぎると逆効果ですから、薄く塗ってください。
次にドライヤーなどでマーガリンを溶かします。そしたら、食器用洗剤を原液のままなじませて、水で揉み洗いをしてください。これで染みは落ちているはずです。後は普通に洗濯して下さい。

溶けたマーガリンが繊維の奥深くに入り込んで、染みの原因となっている油と同化して、包み込んで汚れを落としてくれます。ですから、マーガリンでなくても、バターでも代用が可能です。

この方法は油分を浮かせて落とすので、食品以外にも口紅なども落とすことができます。その場合、マーガリンをドライヤーで溶かさず、そのまま少し揉んでください。その後、アルコールを含ませた布などで叩いたほうが、より効果的に落とすことができます。もちろん、最後はちゃんと洗濯機で洗濯して下さいね。

繊維の種類によっては色落ちしたりすることもあるので、目立たない場所で試してから実践してください。それから、油性の染みには効果がありますが、水溶性や不溶性の染みには効果がありません。染みの種類を見極めてから試してくださいね。