簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

自宅でカンタン!コーヒーの染み抜き方法

コーヒーの染み抜き

 

カフェやレストラン、打ち合わせやパーティー等、出先で飲む機会も多いコーヒー。
「あっ!」と零してシミを作り、取れなくなってしまった…という経験がある人も多いのではないでしょうか?でもコーヒーの染みは適切な対処をすることで、意外とカンタンに落とせるんです。ここではシーンに合わせたコーヒーの染み抜き方法についてご紹介していきます。

 

シミを作ったらすぐ!の応急処置

出先でコーヒーをこぼしてしまった…という時には「拭いておしまい」にせずに、キチンと応急処置をしておきましょう。

 

【用意するもの】

・ハンカチ、タオル(2~3枚あれば理想的)
・ティッシュペーパー
・石鹸/石鹸水(トイレの手洗い用でもOK)

 

【手順】

  1. ティッシュでシミ部分を軽く叩き、コーヒーの水分をできるだけ吸い取ります。
    ゴシゴシこすったり押さえつけるとシミ範囲を広げてしまうので、必ず軽く叩くようにしましょう。
  2. シミの裏側に乾いたタオル、もしくはハンカチをあてます。
    (タオル、ハンカチの枚数が足りないという場合には省略してOKです)
  3. 石鹸水を薄めて、タオル(ハンカチ)の一部に染み込ませます。
  4. 石鹸水を染み込ませたタオルで、シミを叩くように取っていきます。
  5. 次にタオル(ハンカチ)を水で濡らして、再度シミの箇所を軽く叩きます。
  6. 最後に乾いたタオル(無い場合にはティッシュ)で水分を吸い取ります。

「石鹸水も無い」という場合や色落ちが心配な場合には、4、の箇所を省略して、水だけでシミ取りを行ってもOK。いずれにしても、早い段階でコーヒーの色素をできるだけ残さないことが大切です。

 

自宅でのシミ抜きには「キッチン洗剤」がピッタリ

応急処置でも染みが取りきれなかったり、自宅でコーヒーをこぼしてしまった時には、よりキチンとした染み抜き対処をしましょう。ガンコなコーヒーのシミには、普段キッチンで使っている食器用の洗剤が活躍してくれます。

 

【用意するもの】

・タオル(汚れても良いもの)
・キッチンペーパー(ティッシュでも代用可)
・食器用洗剤(中性のもの)
・歯ブラシ
・小皿

 

【注意点】

天然成分による染色や濃い色の布地の場合、色落ちを起こす可能性があります。
事前に洋服の目立たない箇所で色落ちテストを行った方が安心です。

 

【手順】

  1. シミがまだ濡れている場合には、ティッシュで軽く叩くように水分を取り除きます。
  2. シミの裏側に乾いたタオルをあてます。
  3. 小皿に食器用中性洗剤を数滴垂らし、水を少量加えて洗剤溶液を作ります。
  4. 歯ブラシに洗剤溶液を付け、ポンポンと叩くように染み抜きをしていきます。
    歯ブラシの細い毛が繊維の奥に届いてくれるので、タオル等で叩くよりも効果的です。
  5. シミが抜けたらその箇所を軽く水洗いし、通常の洗濯で仕上げます。

 

おわりに

ただしコーヒー豆は天然の染色剤(コーヒー染め)として使われるほど繊維への色素吸着力が強いため、色素を残したままシミが乾いた場合や、シミに気づかずに水洗い・日干しを繰り返した場合には、家庭で染み抜きを行うのがやや困難になってしまうことも。


古いコーヒー染みを完全に抜くほど強い漂白剤等では、色抜け・毛羽立ち等の生地トラブルが起こりやすいのです。古いコーヒー染みの色残りが気になる場合や着物等のデリケートな衣類については、クリーニング専門店に「コーヒー染み」であることを伝えて相談しましょう。