簡単 染み抜き クリーニング方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きやクリーニングお手入れなどの方法を、自分で!自宅で!出来る方法を分かりやすくご紹介しています!

白髪染め・ヘアカラーが服に付いた時の染み抜き方法は?

f:id:curininngu:20180902133537j:plain

ドラッグストアや薬局等で手軽に白髪染め・ヘアカラーが買えるようになった今、ご自宅で白髪染めやカラーリングをするという人は多いはず。でも自宅でのヘアカラー・白髪染めで困るのが、思いもよらないところに液剤がハネてしまうことですよね。

白髪染めやヘアカラーが服に付いてシミになり、取れなくなってしまった…という経験がある人もいるのでは? 

今回は白髪染めやヘアカラーが服に付いてしまった時の対処法についてご紹介していきます。

早めの「酸素系漂白剤」で落ちることも

1剤と2剤を混ぜるタイプのヘアカラーや白髪染めは、髪や肌・布に付いた直後ではなく、空気(酸素)に触れることによって徐々に色が出てくるタイプとなっています。

酸素に十分に触れて発色してしまうと汚れは落ちにくくなりますが、液剤が付いた直後、5分程度であれば発色をしきっておらず、汚れが落とせる可能性も出てきます。石けん成分等の洗剤だけでは色素が取り除けないので、酸素系の漂白剤を使用しましょう。

準備するもの

・酸素系漂白剤(強力タイプ)
・洗濯用洗剤
・ティッシュペーパー・キッチンペーパー
・洗面器等の容器

※この方法には水洗いの工程が必要です。洗濯表示を確認し、水洗い付加の製品にはこの方法を使わないでください。
※ウールやシルクなどのデリケート素材には漂白剤が使用できません。漂白剤製品のパッケージ裏にある使用説明書と衣類の素材をよく確認しておきましょう。
※酸素系漂白剤を使用することで、衣類の染色方法によっては変色・色あせ等が起きることもあります。

汚れ落としの手順

  1. クリーム等の固形物が付いてしまった場合には、ティッシュペーパー・キッチンペーパー等で拭い取っておきます。
  2. 汚れた部分を静かに流水に当てて、液剤をできるだけ落としていきます。汚れ範囲を広げないように注意しましょう。
  3. 白髪染め・ヘアカラー等のクリームが付いてしまった箇所に、酸素系漂白剤を直接塗布しておきます。
  4. 洗面器等の容器に水を張り、漂白剤を適量溶かし込んでおきます。
  5. 汚れた衣類を4)で作った液剤に漬け込みます。
  6. 20分~30分以上放置します。
  7. 汚れが落ちていたら、洗濯用洗剤で全体を手洗いもしくは洗濯機洗いして仕上げます。

 

更に強力な「塩素系漂白剤」を使う?

ヘアカラーや白髪染めはそもそも「染色のため」の液剤なので、衣類への付着力が非常に強力です。早めの対処でも、酸素系漂白剤では落としきれないことがあります。このような場合、一定の条件を満たす衣類であれば漂白作用が更に強い「塩素系漂白剤」を使うのも手です。

塩素系漂白剤が使える衣類とは?

塩素系漂白剤は酸素系とは異なり、汚れ部分だけでなく「衣類の染色」も脱色させる作用を持ちます。また生地を変質させることがあるため、デリケートな素材には使用できません。

・素材が綿/麻/ポリエステルであること
・平織りであること(ニット素材等はNG)
・色が真っ白であること(生成り色、薄いイエローやベージュがかった白はNG)
・刺繍や柄が入っていないこと
・丈夫な素材であること
・レース等が付いていないこと

上記の条件を満たしており、なおかつ「万一の場合には衣類が傷んでもOK」と考えられる場合には、塩素系漂白剤での汚れ落としにチャレンジしてみましょう。

準備するもの

・塩素系漂白剤(液体タイプ)
・洗濯用洗剤
・バケツ等の容器

※塩素系漂白剤での作業を行う際には、ゴム手袋等で手肌を保護することをおすすめします。
※塩素系漂白剤を使用する際や漂白中には必ず換気をしましょう。

汚れ落としの手順

  1. バケツ等の容器に水を張っておきます。
  2. 塩素系漂白剤を適量溶かし込みます。製品の使用説明書を確認し、適切な使用量に抑えましょう。
  3. 汚れの付いた衣類を漬け込みます。
  4. 20分~30分程度放置します。
  5. 汚れが取れていたら、水で十分にすすぎます。
  6. 洗濯用洗剤で全体を手洗いするか、洗濯機洗いで仕上げます。

curininngu.hateblo.jp

 

髪染めの汚れが落とせないこともある?

上記でご紹介した白髪染め・ヘアカラーのシミへの自宅での対処は、あくまでも「汚れが付いた直後」(発色が始まる前)に行うものです。以下のような状態になってしまっている場合や自宅洗濯ができない製品の場合、自宅でシミ抜きを行うのはかなり困難になります。

自宅でシミ抜きしにくい汚れや衣類の種類

・1剤・2剤を混ぜるタイプのヘアカラーで、すでにシミが発色している(色が茶色・黒等に染まっている)
・ヘアカラーと汗が混ざって首筋等に垂れてきており、襟等が汚れている
・水洗い等ができないデリケート製品である

また髪染めの種類によっても、自宅でのシミ抜きができないことがあります。以下のような酸性の髪染めは髪へのダメージが少ないのがメリットですが、着色が時間を置かずにすぐに起きるため、自宅での漂白がしにくいのです。

自宅で汚れが落とせない髪染めの種類

・ヘアマニキュア
・1剤・2剤を混ぜないタイプの白髪染め
・白髪染めトリートメント(カラートリートメント)等

衣類についた汚れが上記にあたる場合には、無理に自宅でのシミ抜きをせず、すみやかに専門のクリーニング店に相談をしましょう。

 

おわりに

「染料」であるヘアカラー・白髪染めの汚れは、一般的なクリーニング店でもしっかりと落とせないことがあります。またヘアカラーの脱色作用によって、シミができているだけでなく地色に変色が起きている可能性も高いです。

クリーニング店に相談をする場合には、工場の機械洗い(ドライクリーニングのみ)しかしない激安店ではなく、「シミ抜き」や「衣類の修復」をしっかりと行う専門店、自店舗で作業を行うクリーニング店を選ぶことをおすすめします。