簡単 染み抜き クリーニング方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きやクリーニングお手入れなどの方法を、自分で!自宅で!出来る方法を分かりやすくご紹介しています!

宅配クリーニングで汗抜き・ウェットクリーニングを頼む時のコツ

ウェットクリーニング

ウェットクリーニング

汗等の汚れをサッパリと落としてくれる汗抜きやウェットクリーニング。便利さで人気の「宅配クリーニング」でも、もちろんこれらの汗抜きサービスやウェットクリーニングサービスで衣類をキレイにすることができます。

でもどの宅配クリーニング業者でも同じ方法で洗濯をしているわけではありません。また一般的なクリーニングに比べてウェットクリーニングは料金も高めなので、適切な使い所も知っておいた方が経済的です。

ここでは汗抜き・ウェットクリーニングを宅配クリーニングに依頼する前に知っておきたいポイントを3つ、初めてサービスを利用する人にもわかりやすく解説していきます。

 

毎回じゃなくて良い?汗抜きクリーニングの役割

 

ドライクリーニング

ドライクリーニング

そもそも汗抜きサービスやウェットクリーニングと通常のクリーニングにはどのような違いがあるのでしょうか?

一般的なクリーニングは「ドライクリーニング」と呼ばれていることはご存知の方も多いことでしょう。ドライクリーニングでは、特殊な石油系の溶剤を使用して衣類を洗濯します。原則としては機械洗(業務用の大型洗濯機)で全体を洗い、汚れを落としていくスタイルです。揮発性の高い石油溶剤を使うので、服には油剤はほぼ遺りません。

ドライクリーニングではこのように石油から生まれた溶剤を使うため、油に溶けやすい「油溶性の汚れ」は落としやすい傾向があります。しかし「水溶性の汚れ」はスッキリと落としきることができません。

対して汗抜きやウェットクリーニングでは水溶性溶剤または本物の水を使うため、水に溶けやすい「水溶性の汚れ」を落としていくことができます。衣類の「水溶性汚れ」が気になっている時にこそ、汗抜きやウェットクリーニングの出番というわけです。

 

ドライクリーニング

ドライクリーニング
【ドライクリーニングが落とす油溶性汚れ】
・襟元等の軽い皮脂汚れ
・ファンデーション等の化粧品汚れ
・マヨネーズ等の食べこぼし汚れ 等

 

ウェットクリーニング

ウェットクリーニング
【汗抜き・ウェットクリーニングが落とす水溶性汚れ】
・汗、汗ジミ
・尿、おしっこ
・酒やジュース等の汚れ 等

※ドライ・ウェットともに、汚れの量によっては別途「しみ抜き」が必要です。
※時間経過による古いシミは取り切れない場合があります。

 

汗抜きやウェットクリーニングは、特に以下のような時に使いたいクリーニングサービスと言えるでしょう。

  1. 汗をかいた夏服のクリーニング
  2. 何度も着用した制服やスーツのクリーニング
  3. 体温が高いこどもの洋服のクリーニング 等

反対に汚れが酷くても、その原因が油溶性の汚れの場合には「ドライクリーニング+しみ抜き」の方が効果的ということもあります。

 

汗抜きとウェットクリーニングの違いを知って使い分け!

次に「汗抜きサービス」と「ウェットクリーニング」にはどのような違いがあるのかを知っておきましょう。

 

手軽さが魅力の「汗抜きサービス」

宅配クリーニング業者の『汗抜き』(または汗取り)と名前が付くサービスでは、一般的に全体的なドライクリーニングに加えて、水溶性の汚れを落とせる特殊溶剤(クリーニング用ソープ等)を使った部分洗いまたは全体洗いを行います。

基本的には機械洗いで作業が進めていけるので、クリーニング料金は比較的割安です。また対応する素材の幅が広く、「水洗いNG」の衣類でも特殊素材を除けば多くの衣類の汚れを取ることができます。

反面、本物の水を使っているわけではないので、汚れ落としの力はやや弱め。あまりにもしつこい水溶性汚れの場合、汚れが完全には取り切れないこともあります。

【こんな時には汗抜きがおすすめ】
・ふだんはドライクリーニングだけど軽く汗を取りたい
・ワキや襟元等の部分的な汗汚れを早めに取っておきたい
・頼みたい衣類が多い

 

しっかり汚れを落とす「ウェットクリーニング」

『ウェットクリーニング』または『ダブルクリーニング』と名前が付いている場合は、原則として衣類洗浄に「水」と「水溶性の洗剤」が使われます。

ウェットクリーニングでは水を使って全体をしっかりと洗うため、成分が残りやすい水溶性汚れも根こそぎサッパリとさせてくれるのがポイントです。

反面、デリケートな衣類を傷ませないように手間をかけた手作業が多いため、作業完了までには時間がかかります。その分だけ人件費も計上されるので、クリーニング料金も高めです。

またしっかりと洗う分、生地に対して多少の負担がかかります。ひんぱんなクリーニングというよりも、「ここぞ!」という時の本格的な洗濯と考えておいた方が良いでしょう。

【こんな時にはウェットクリーニングがおすすめ】
・汗をたくさんかいた時の服を洗いたい
・広範囲のおしっこシミができた服の全体洗いもしておきたい
・しばらく着ない服なので、保管する前に洗っておきたい 等

 

失敗しない宅配クリーニング業者選びのポイント

汗抜きクリーニング・ウェットクリーニングで宅配クリーニング業者を選ぶ場合、どのような点に注意をすべきなのでしょうか。

ウェットクリーニングなら「技術力」を重視

衣類を全体的に水洗いする「ウェットクリーニング」では、職人の技術力が問われます。特にデリケートな素材を扱う場合、知識や経験が乏しい人だと衣類を傷めてしまったり、最悪の場合には縮ませてしまうような恐れもあるのです。

高級服の宅配クリーニングを選ぶ際には、料金の安さよりもできるだけ手作業にこだわり、良い職人を育てている宅配クリーニング業者を選ぶべきです。例えば『キレイナ』のような技術力の高い職人が多く在籍する宅配クリーニング業者なら、安心して高級衣類をおまかせできるでしょう。

期日が近い時には「スピード感」で選ぶ

汗抜きクリーニングやウェットクリーニングは、一般的なドライクリーニングに比べて納期が長くかかる傾向があります。

「でも2週間後のパーティーまでにはなんとか間に合わせたい…!」そんな急ぎのウェットクリーニングを希望する場合には、平均的な納期が短めの宅配クリーニング業者を選ぶべきです。

例えば宅配クリーニング『リネット』では、ドライクリーニングの場合には最速翌日という超スピード納期を可能としています。ドライクリーニングにウェットクリーニング(水洗い)を組み合わせた『ウェット加工』でも、最短納期は7日間です。急ぎの時でも頼れる宅配クリーニングと言えるでしょう.

枚数が少ないなら「安さ重視」もアリ

本格的なウェットクリーニングの料金相場は、単体の場合だと一枚あたり700円~1,000円前後となっています。「とりあえず汗抜き・ウェット加工をしてみたいけど、そこまで高いのはちょっと…」と悩んだ時には、さらに気軽な料金の宅配クリーニングを選んでみるのも手です。

例えば『リナビス』『ネクシー』の汗取り加工は、一枚あたり250円~350円程度。さらに定期的に割引キャンペーンが行われているので、季節によっては半額程度の価格で汗取りを行うこともできます。

1枚~2枚程度を汗抜きするのであれば、このような気軽な価格の宅配クリーニングに依頼してみると良さそうです。


 

おわりに

宅配クリーニングで汗取り加工・ウェットクリーニングを依頼する場合の注意ポイントはいかがだったでしょうか?ちなみに夏の終り頃には「ウェット加工・汗抜き加工」の注文が増えるため、各宅配クリーニング業者では納品が通常より長くかかりやすい傾向が見られています。早めに手元に届けて欲しい場合には、できるだけ迅速に業者に洗濯物を出した方が安心ですよ。