簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

自宅で綺麗におしっこの染みを落とす方法

f:id:curininngu:20141122150454j:plain

 

お子様のおねしょやペットのそそうなどにより、衣類や寝具、またはカーペットなどにおしっこの染みを作ってしまうことは珍しくありません。


おしっこの染みは、時間が経過していない場合には普通に洗濯をするだけで落ちてくれる場合もあひますが、時間が経過してしまった場合は黄ばんだおしっこの染みが残ってしまう事も多いのです。

 

 そんな頑固なおしっこの染みには、漂白剤がお勧めです。
衣類の場合は、その素材を確認して色物や柄のある物の場合は、色柄ものにも使用出来る漂白剤を使いましょう。


衣類には漬け置きがお勧めですが、カーペットの場合には使い古した歯ブラシに薄めた漂白剤をつけ、優しく染み部分をブラッシングして漂白剤を馴染ませます。


そして、その後濡れたタオルで何度も漂白剤をつけた部分を叩くようにして、漂白剤を除去します。


衣類の場合漬け置き後は、良く水洗いをするか洗濯洗剤と一緒に洗濯機で洗いましょう。

おしっこの染みは、こうした市販の漂白剤でも落とす事が可能ですが、その他にもお酢を使用しておしっこの染みを落とす事が可能です。


漂白剤の代わりに、お酢と水を1対1で割ったものを使用します。


お酢を使用した場合は、衣類でもカーペットでも漬け置きではなく、スプレーボトルに入れて染みの部分にだけスプレーしたり、歯ブラシやタオルなどを使用して染みの部分にだけ水で割ったお酢をつけます。


その後は、上記の漂白剤と同じように処理をして下さい。

おしっこの染み抜きで注意しなければいけないのが、熱湯を使用してはいけないという点です。


熱湯を使用する事で、おしっこのタンパク質が凝固してしまい、おしっこの染みが逆に落ちにくくなってしまうのです。


ですから、おしっこの染み抜きや洗濯をする際には水やぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

▼参照ブログ

curininngu.seesaa.net