読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

カーペットをいつでもキレイに!原因に合わせたカーペットの染み抜き方法

f:id:curininngu:20160822121729j:plain

 

食事やオヤツ等の食べこぼし、子どものイタズラやペットの粗相…
お部屋に敷いてあるカーペットやラグって、色んな汚れがつきやすくて困ってしまいますよね。


カーペット(じゅうたん)や大きなラグは水洗いができないものも多いですし、かといって放置するとガンコなシミとなってしまうことも。
早めの染み抜きで、カーペットをいつもキレイな状態にしておきましょう。

 

 1.シミを広げない初期処置

カーペットやラグに汚れが付いたら、まずはその汚れの元をできるだけ除去することが大切です。汚れの元が多く残っていると、その後の染み抜きで汚れが却って広がってしまいます。

 

用意するもの

・キッチンペーパー(ティッシュでも代用可)
・タオル

 

手順

1)ケチャップ、マヨネーズ等で固形質が残っている場合には、キッチンペーパーで固形物を全て取り除きます。

2)乾いたタオルをシミの部分に当て、上からポンポンと叩くように水分を取り除きます。
ゴシゴシこするとシミが広がり、落ちにくくなりますので、必ず軽く叩くようにしましょう。

 

2.シミ原因に合わせて第二処置

汚れをできるだけ取り除いたら、シミの原因に合わせた方法で汚れを更に吸い取ります。

 

コーヒー・紅茶等の水溶性製品の場合
水に浸したタオルを絞り、軽く叩くようにシミを吸い取ります。

ヨーグルト・牛乳等の乳製品の場合
ぬるま湯にタオルを浸し、絞ったもので叩くようにシミを吸い取ります。

ケチャップ・マヨネーズ等の油分が多い製品の場合
小麦粉を適量シミ部分に振りかけ、油分を吸い取らせます。
掃除機で小麦粉を吸い取ってから、お湯に浸して絞ったタオルでシミを吸い取ります。

 

3.取れないガンコな汚れには

落ち切らない色素の汚れには、汚れに合わせて洗剤や溶剤を使用します。

 

コーヒー・紅茶・醤油等の食品系のシミの場合

用意するもの

・台所用洗剤(中性のもの)
・タオル3枚

 

手順

1)洗面器等にお湯を張り、中性洗剤を少量溶かします。
2)タオルをお湯に浸して絞り、シミ部分を叩くようにして拭いていきます。
3)シミが落ちにくい場合には、少しずつ洗剤の量を増やします。
4)シミが抜けたら水で絞った新しいタオルで、残った洗剤を丁寧に落とします。
5)最後に乾いたタオルで水分を叩くように拭き取ります。

 

 

 血液・クレヨン等の着色の強いシミの場合

用意するもの

・オキシドール
・柔らかい布
・タオル2枚

 ※目立たない部分で必ず色落ちテストを行いましょう

 

手順

1)布にオキシドールを含ませ、シミ部分を軽く叩くように拭いていきます。
強く叩くと変色・色抜けの原因となりますので、あくまでも軽く行いましょう。
2)シミが目立たなくなったら、水に浸したタオルを絞り、再度叩くように丁寧に拭きます。
3)最後に乾いたタオルで仕上げ拭きを行います。

 

おわりに

カーペットの染み抜きでは、洗剤や溶剤が残ってしまわないように気をつけましょう。
洗剤・溶剤が繊維に残ると、元々のシミが取れても「輪染み」や「変色」の原因となってしまいます。

なお中性洗剤等を使用してもシミが落ちないという場合、それ以上強い漂白剤等を使用すると、カーペット・ラグを傷めることになりかねません。
色落ちが心配な場合や、シミが落ち切らないという場合には、専門のクリーニング業者に依頼をした方が無難です。