簡単 染み抜き クリーニング方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きやクリーニングお手入れなどの方法を、自分で!自宅で!出来る方法を分かりやすくご紹介しています!

洗剤の量多すぎかも?洗濯洗剤の正しい使用量とは

洗剤の使用量

毎日のお洗濯、洗剤を使う量はキチンと測って入れていますか?「いつも必ずスプーン1杯入れている」「使用量を気にしたことが無い」このような洗濯洗剤の使い方に思い当たる点があったら、もしかしらあなたの洗濯洗剤の使用量は「多すぎ」かもしれません。

洗濯の洗剤の使用量が多すぎると、実は洋服にも洗濯機にも良くないんです。洗濯洗剤の適正な使用量を知って、もっと快適な洗濯ライフを送りましょう!

ここでは多すぎる洗濯洗剤の使用のデメリットや、縦型洗濯機・ドラム型洗濯機それぞれの洗濯洗剤の使用量について詳しく解説していきます。

多すぎの洗濯洗剤はデメリットだらけ

洗剤の多すぎはデメリットしかない

洗濯洗剤が少なすぎる場合、洗濯物がキチンと洗えず汚れが落ちきらない…このデメリットは想像が付くという人が多いはず。でも洗濯洗剤は「少なすぎ」だけでなく、「たくさん使いすぎ」もダメなんです。

洗濯機は、規定の洗剤量を使うことを想定して「水の量」や「すすぎの回数」等のプログラムが決められています。多すぎる洗剤を使うと「すすぎ」が足らないことに。

そのため衣類や洗濯槽の中には、すすぎきれなかった「洗剤の残りカス」や「洗剤の成分」が残ってしまうんです。

「洗剤の残り」は、次のような色々なデメリットを生み出します。

衣類が傷みやすくなる

洗剤の成分が衣類に残ったままだと、衣類の繊維に負担がかかりやすくなります。色あせが早くなったり、ゴワゴワしやすくなることも。衣類の寿命を短くしてしまうんです。

衣類に嫌なニオイが発生しやすくなる

洗濯洗剤の残りカスは、実はカビ菌等の「菌」の好物でもあります。キレイにすすぎ切れていない衣類は、干している間に菌が発生しやすい状態に。衛生的に良く無いだけでなく、生乾きのような嫌なニオイも付きやすくなります。

肌荒れが起きやすくなる

洗剤の成分が残ったままの衣類を身に着けたりタオルを使ったりすると、合成界面活性剤等の強い成分が肌に付着することに。肌の痒みや乾燥等の肌荒れ・肌トラブルを増やす原因になります。

洗濯槽にカビが生えやすくなる

洗剤の残りカスが付くのは衣類だけではありません。洗濯槽の中にも、たくさんの成分が残ったままになります。

上でも書いたとおり洗剤の残り滓はカビ菌の好物ですから、洗濯槽の中にカビ菌が発生することに。こうなってしまうと、洗濯のたびにカビ菌を衣類に付着させていることになってしまいます。

一度洗濯槽にカビ菌が発生してしまった場合、洗濯槽を専用のクリーナー等で除菌するしか対策がありません。

【多すぎ洗剤は衣類を汚くしている!】

「洗濯」だとイメージが湧かない…という人は、自分の髪を洗う「シャンプー」で想像をしてみましょう。シャンプーをたくさん使いすぎると、泡がいつまで経ってもきれいに落ちきらなかったり、髪や地肌がヌルついたままですよね。

また「ぬめり」がまだあるのに「すすぎ」を途中で適当に終わらせてしまうと、後から頭が痒くなったりフケが出る原因になります。洗濯もシャンプーも基本的な仕組みは同じ。多すぎる洗剤(シャンプー)を使うのは、かえって衣類(頭皮)を汚い状態にしているようなものなのです。

 

洗剤の使用量を計る方法

適正な洗剤使用量
出典:適正な洗剤使用量 花王フレグランスニュービーズ

洗濯洗剤の効果をキチンと発揮させるには、洗濯洗剤は多すぎず少なすぎず「適正な量」を使うことが大切です。では洗濯洗剤の量はどのように量ればよいのでしょうか。

縦型洗濯機の適正な洗剤使用量

縦型洗濯機の場合、適正な洗濯洗剤の使用量は「水量(洗う時に使う水の量)」で決まります。洗剤パッケージの裏側等に「使用量目安」が書いてありますので、まずはそれに目を通してみましょう。

例:花王フレグランスニュービーズ(粉末タイプ)の場合
  • 水量65リットル → 使用量スプーン1.3杯(64g)
  • 水量55リットル → 使用量スプーン1杯(50g)
  • 水量45リットル → 使用量スプーン0.7杯(36g)
  • 水量30リットル → 使用量スプーン0.4杯(21g)

※スプーンは洗剤に付属している測定用スプーンを使用

現在の縦型洗濯機は、洗濯物を入れれば自動的に洗濯物の物量を判別し、適正な水量が決まる仕組みになっています。ですから水量が決まった時点で洗剤のパッケージを見て、水量に合わせた量を入れれば良いわけです。

洗濯洗剤の換算方法

  1. 洗濯機の電源を入れて、洗濯物を洗濯槽に入れます。
  2. 「おまかせコース」等のボタンを押すと、自動的に洗濯物の量の測定が始まります。(※押すボタン・仕様は洗濯機製品によって異なります)
  3. 洗濯物の量に合わせた水量が表示され、水が投入され始めます。
  4. 洗濯洗剤のパッケージを見て、水量に合わせた洗剤量を確認し、適切な量を測って投入します。洗剤量の測定は、洗剤製品のキャップまたは付属スプーンで行います。

※洗濯機の機種によっては、水量がリットルで表示されず「高・中・低」等の簡易表示となる場合があります。このような機種の場合は取扱説明書を見て、それぞれの水量を確認しましょう。

ドラム型洗濯機の適正な洗剤使用量

ドラム型洗濯機の場合、洗剤の使用量は「入れる衣料の重さ」によって変える仕組みになっています。また縦型洗濯機とは異なり、「水量」を表示するのではなく「スプーン量」で適正な量を案内する機種が多いです。

基本の洗濯洗剤の入れ方

  1. 洗濯物をドラム型洗濯機の洗濯槽に入れます。
  2. 「スタート」を押します。
  3. 自動的に洗濯物量の測定が行われ、洗剤量の目安が表示されます。
  4. 「スプーン1.2杯」「スプーン1.0杯」「スプーン0.4杯」等の表示に合わせて洗濯洗剤をスプーンではかり、適正な量を投入します。
洗剤によっては使用量が違う場合も

洗濯洗剤の種類によっては、ドラム型洗濯機が表示する使用目安と実際の適正使用量が違う場合もあります。

この場合には、洗濯機の使用説明書をチェック。洗濯機が表示する「選択使用量の目安(スプーン×杯)」が洗濯物の量何キロを示しているのかを確認します。

平均的な使用目安表示と洗濯物量
  • スプーン1杯 → 洗濯物量 6キロ
  • スプーン0.9杯 → 洗濯物量 5キロ
  • スプーン0.8杯 → 洗濯物量 4キロ
  • スプーン0.6杯 → 洗濯物量 2キロ
  • スプーン0.5杯 → 洗濯物量 2キロ以下

※使用量目安表示は洗濯機メーカーによって異なります。できるだけご利用中の洗濯機説明書をご確認ください。

これで洗濯物の重さがわかれば、あとはカンタン!例えば「スプーン0.8杯」と表示されたら洗濯物量は4キロ程度なわけですから、洗剤パッケージの目安量表を見て「4キロ」に当たる使用量を測れば良いわけです。

 

おわりに

洗濯物の量(水の量)に合わせて洗剤の量を変えるのは、最初のうちは「手間がかかる」「面倒くさいな…」と感じられるかもしれません。でも同じ洗剤を使い続けていれば、徐々に「この水量にはキャップ1/2」といった感覚を覚えられますから、スムーズに適正量が使えるようになります。

ですから洗濯洗剤の適正量を上手に使いこなすには、洗濯洗剤選びで浮気しないことも大切と言えるかもしれません。「これだ!ずっと使いたい!」と思えるお気に入りの洗濯洗剤を見つけることも、快適な洗濯ライフを送る近道と言えるでしょう。

「洗濯洗剤の使いすぎ」をやめた分だけ節約になりますから、その分高性能な洗濯洗剤を選ぶこともできますね。

洗濯の頻度は毎日?週一?理想の洗濯回数とは

洗濯頻度

洗濯って何日に一回していますか?洗濯の頻度はご家庭や習慣等によっても違うもの。「毎日洗濯をするのが普通」というお家もあれば「2~3日に1回」「週1回でまとめて」という人も居るでしょう。

でもどの程度の洗濯の頻度が一般的なのか、理想的な洗濯頻度がどれくらいなのかは、意外と知らないものですよね。

今回は洗濯頻度の違いによるメリット・デメリットやアイテムごとの理想的な洗濯頻度、洗濯回数を調整するためのアイデアについてご紹介していきます。

毎日?週一?洗濯頻度のメリット・デメリット

東京ガス都市生活研究所

出典:東京ガス都市生活研究所

東京ガスの調べによれば、「毎日洗濯をする」と答えたご家庭は全体の53.7%。2~3日に1回のご家庭が36.9%、週に1回が8.4%となっています。

毎日洗濯派の人がかなり多いですね。2人以上のご家庭の場合だと特に「洗濯の頻度は毎日」というケースが多く、反対に一人暮らし家庭だと「まとめて洗濯派」が増えるという傾向も見られます。

毎日洗濯する派、まとめて洗濯する派、実はどちらが正解とは言い切れないところもあるんです。それぞれの洗濯のやり方でメリット・デメリットがあるんですよ。

汚れがキレイに落ちる「毎日洗濯」

毎日洗濯をする大きなメリットのひとつが「汚れが落ちやすい」ということ。汗や皮脂・食べこぼし等の汚れは付いてすぐに洗った方が落ちやすいので、毎日洗濯をすれば常に洋服をキレイな状態にしておけます。

ただ一人暮らし等の場合、毎日洗濯機を回すほどの洗濯物が出ない…ということも。少なすぎる洗濯物に対して洗濯機を毎日回すことで、水道代や電気代が嵩むのはデメリットと言えるでしょう。

節水・節電になる「まとめて洗濯」

まとめて洗濯をするメリットは、第一に節水・節電等の節約効果が挙げられます。洗濯機に20%程度しか服を入れずに毎日回すのに対し、適切な量(80%前後)で洗濯機を回せば5,000円~6,000円以上の節約効果に。

また洗う・干すといった作業をまとめて行うことで、時短になると回答した人も多かったようです。

ただし長く汚れ物を置いておくと、状態によっては雑菌が繁殖したり汚れが落ちにくくなることも。また「節約のために」と洗濯機にギュウギュウに洗濯物を詰め込むのは絶対にNGです。汚れがしっかりと落ちず、ニオイやカビ菌発生等の原因にもなります。

 

着るたび?3回に1回?アイテム毎の洗濯の頻度

衣類の種類によっても、適切な洗濯頻度は違うものです。着るたびに毎回洗うべき衣類と、そうでない衣類の違いも知っておきましょう。

毎回洗う衣類とは

  • 下着類
  • インナー
  • 靴下
  • Tシャツ
  • 子ども服
  • 作業着
  • 運動着
  • タオル 等

肌に直に触れる服、着ている時に汗をかきやすい服の場合、洗濯頻度は「着るたびに洗う」が原則です。特に夏場は汗の量が増えますし、雑菌も繁殖しやすいですから、できるだけ早く洗濯をしましょう。

また小さなお子様は体温が高く汗をかきやすい上に、泥ハネや食べこぼし等のシミを服につけやすいです。子ども服はおしゃれ着等の特別な服をのぞいては、原則として「毎回洗う」にした方が良いでしょう。

タオル類は雑菌の繁殖の場となるので、使って濡れたタオルをタオルかけにかけっぱなしにしておくのはNG。できるだけ早い頻度で洗いましょう

2~3回に一度でOKの衣類とは

  • パジャマ
  • 室内着
  • ジーンズ等のボトム類
  • カジュアルなニット
  • おしゃれ着(洗えるもの)

お勤めをしている方の場合、室内着等は1日の中で着用する時間が短く汗をかきにくいため、洗濯頻度は2~3回着てからでもOK。

また冬場のパジャマ等も比較的汗を吸わないため、2日に1回程度のペースで洗濯をするという人が多いです。ただし子どもの場合や体温が高い人の場合は一度で汗だくというケースもあります。この場合は毎回洗った方が良いですね。

週1回洗濯するべき洗濯物は?

  • 枕カバー
  • シーツ

枕カバーやシーツ等の寝具類は、週に1回程度のペースで洗濯をしましょう。意外と寝汗や皮脂を吸っているので、最低でもこの程度の洗濯の頻度は必要です。

また肌荒れ・ニキビ等に悩んでいる人は、枕カバーの洗濯の頻度をさらに頻繁にするか、枕にタオルをかけて毎日洗うことをおすすめします。

ワンシーズンに1~2回の洗濯物は?

  • 繊細なニット
  • ご自宅で洗えるジャケット
  • ウォッシャブルスーツ
  • カーテン
  • ラグ
  • ソファカバー
  • クッションカバー 等

傷みやすいニットや型くずれしやすいジャケット等は、ご自宅で洗えるものでもワンシーズン1~2回程度に洗濯頻度を抑えるのが理想的。

洗う頻度を減らすことで、洋服の寿命が延びます。

またインテリアファブリック(カーテンやラグ等)も、ご自宅で洗えるものであればワンシーズンに1回は洗濯をしましょう。特に小さなお子さんやペットが居るご家庭では、ファブリック類は常に清潔にしておくことが大切です。

 

洗濯の頻度や回数を調整するヒント

洗濯機のお急ぎコースを使ってみる

「一人暮らしで洗濯物の量が少ない」という人でも、夏場に汗をかいた服を一週間放置するのはあまり良い方法とは言えません。できれば3日以内には洗濯をするようにして、週2回の洗濯習慣を付けてみたいところです。

節水・節電が気になる場合には、洗濯機のお急ぎコースや少量向けコースを使ってみましょう。「おまかせコース」で洗うのに比べて、水量や洗濯時間を短めに抑え、電気代・水道代等を節約できます。

ミニ洗濯機を使ってみる


シービージャパン 洗濯機 ホワイト 36cm×33cm×53cm 小型 バケツウォッシャー comtool

 


ALUMIS 小型洗濯機 ミニマルチウォッシャー XPB08

「赤ちゃんの服や下着だけでも毎日洗いたいけど、時間もお金もかかるし…」…そんな時には、少量洗にピッタリの「ミニ洗濯機」を導入してみてはいかがでしょうか。

ミニ洗濯機・小型洗濯機は、バケツくらいの大きさで洗濯・脱水ができる優れもの。ワイシャツなら3枚くらいまでをサッと洗うことができます。
「一人暮らしだけど、できれば毎日洗濯したい!」という人にもおすすめですよ。

週末にコインランドリーはいかが?

家族が多いご家庭の場合、「毎日何度も洗濯機を回さなくてはいけなくて大変…」というケースもありますよね。こんな時には上でご紹介した「アイテムごとの洗濯頻度」を見つつ、急ぎで洗う品物だけを早めに洗濯するという方法を取ってみるのも手です。

後回しにできそうな洗濯物は分けておいて、週末等のおやすみにまとめて洗えば、一日に回す洗濯機の回数を少なくできます。

「でも、週末に大変になるのでは…?」そんな時には週末だけコインランドリーを使ってみましょう。ランドリーなら超・大容量のお洗濯でも大丈夫。また最高温度80℃までの強力な乾燥ができるため、まとめ洗いで気になるニオイや雑菌の繁殖等も防止することができます。

宅配クリーニングを使ってみる

仕事や子育てでとにかく忙しくてなかなか洗濯ができない、クリーニングに出したくても店に行く時間も無い…そんな時には「宅配クリーニング」を使ってみるのも良いでしょう。

宅配クリーニングは、宅配便やコンビニ集荷などで洋服を出せるタイプのクリーニング店です。宅配便で荷物を受け取れるので、クリーニング店に行ったり並んだりする時間は一切かかりません。

最近ではドライクリーニングだけでなく、ウェットクリーニング(水洗い)のサービスを行う宅配クリーニング店も増えてきました。実店舗型のクリーニング店と変わらない低価格の店や月額定額制の店も登場しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

curininngu.hateblo.jp

curininngu.hateblo.jp

 

おわりに

f:id:curininngu:20200627223925j:plain

洗濯の頻度・回数は、かならずしも「これが絶対!」という決まりがあるわけではありません。ライフスタイルや家族の人数、家族構成等に合わせて、生活にピッタリと合う洗濯頻度・洗濯の回数を見つけていきましょう。

布マスクの汚れの落とし方は?3つの洗濯方法を解説

布マスク

新型コロナウイルス感染症の影響で、紙マスクの品薄が続いている昨今。「日々のマスクには布マスクを使っている」「手作りの布マスクに挑戦した」という人も多いのではないでしょうか?

繰り返し使える布マスクですが、洗わずにそのまま再利用するのはNG!付いた汚れはキチンと落として、清潔な状態にして使いましょう。

ここでは布マスクの基本の汚れの落とし方だけでなく、ウイルス除去・除菌対策や汚れが酷い時の洗い方、ファンデーション等のメイク汚れの落とし方も紹介していきます。

1.布マスクの基本の洗い方

布マスク洗い方

まずは布マスクの基本的な洗い方から見ていきましょう。

【用意するもの】

  • 液体タイプの洗濯用洗剤
  • タオル
  • 洗面器
  • 洗濯ハサミまたはピンチハンガー

【布マスクの洗い方手順】

  1. 洗面器に30℃~35℃前後のぬるま湯を入れて、ティースプーン1杯前後の洗剤を加え、よくかき混ぜて溶かします。
  2. 布マスクを全体的に浸します。
  3. 10分~20分程度放置します。
  4. 優しく「押し洗い」をしていきます。ゴシゴシとこすり合わせたり、全体を揉まないように気をつけましょう。
  5. 洗面器のお湯を捨てて、新しいぬるま湯をはり、すすぎを行います。すすぎの際にも押し洗いをするようなイメージで。すすぎは原則として2回繰り返します。
  6. すすぎ終わったら、タオルの上に置いて、タオルでマスクを挟むようにします。
  7. 上から軽くポンポンと叩くようにして、タオルでマスクの水分を取ります。
  8. 水気が取れたら形を整えて、洗濯ハサミ・ピンチハンガー等を使って陰干しします。自然乾燥で仕上げましょう。

布マスクを洗うのは1枚ずつ!

布マスクは「1回に1枚ずつ洗う」というのが原則です。

これは「まとめ洗い」をすると、汚れや雑菌等が他のマスクに移ってしまうことがあるため。また汚れた布マスクを一日放置すると雑菌が一気に繁殖してしまうので、できるだけ「汚れたマスクは当日に洗う」という習慣をつけましょう。

敏感肌には中性洗剤・液体洗濯石けんを

顔の皮膚は特に薄くデリケートなので、洗剤等の成分に敏感に反応しがちです。肌荒れをしやすい、敏感肌でかぶれやすい…このような肌質の場合には、成分が穏やかな中性タイプの洗濯用液体洗剤や、液状の洗濯石けんを使うのもおすすめです。

ただし中性洗剤の場合、布マスクの汚れを落とす力はアルカリ性の酵素入洗剤等に比べるとやや落ちます。縮みにくい布であれば熱めのお湯を使う、長めにつけ置き洗いをするといった対策で、汚れをキチンと取りましょう。

布マスクは絞らない

布マスクをギュッと絞ってしまうと形が崩れやすいですし、毛羽立ちの原因にもなります。洗濯後には絞らずに、そのままタオルで挟み込んでざっと水分を取るようにしましょう。

乾燥機の使用はNG

布マスクは一般的な衣類に比べて「縮み」が問題になりやすいアイテムです。万一の縮みや型崩れを防ぐため、乾燥機の使用は避けましょう。また同じく、ドライヤー等を使うのも禁止です。

風通しの良い場所で、陰干しで自然乾燥させてください。

 

2.布マスクの汚れがひどい・ウイルス対策したい時は?

新型コロナウイルス等のウイルス除去や雑菌の除去をしたい場合には、次亜塩素酸ナトリウムが入った塩素系の漂白剤を使用して消毒を行います。布マスクにひどい汚れが付いてしまった時も、漂白剤で汚れを落としましょう。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム配合のもの)
  • 液体タイプの洗濯用洗剤
  • ゴム手袋
  • 洗面器
  • タオル
  • 洗濯ハサミまたはピンチハンガー

※塩素系漂白剤とは、商品名『キッチンハイター』や『キッチンブリーチ』等の製品です。

 

【布マスクの漂白・消毒の方法】

  1. 上の「布マスクの基本の洗い方」の5)の工程(すすぎ部分まで)を行います。
  2. あらためて洗面器に水を入れてから、塩素系漂白剤を入れます。使用量の目安は、1リットルの水に対して15ml程度です。漂白剤のキャップを使って測ります。(使用量についてはお使いの製品の使用説明書もご確認ください)
  3. 塩素系漂白剤を溶かした水に、布マスクを静かに入れます。
  4. 10分程度放置します。
  5. 水を静かに捨ててから、新しい水を入れ直して「押し洗い」のようにすすぎを行います。
  6. すすぎを2回~3回繰り返します。
  7. タオルにとって、タオルでマスクをはさみ、軽く叩くようにして水分を取ります。
  8. 水気が取れたら形を整えて、洗濯ハサミやピンチハンガーを使って陰干しします。

色物には「塩素系」はNG!

塩素系漂白剤は色物の布には使用することができません。色物マスクに塩素系漂白剤が付くと、激しい色落ち・褪色が起きます。塩素系漂白剤が使用できるのは、ガーゼ製等の白いマスクのみです。

酸素系漂白剤ではダメ?

色落ちしない「酸素系漂白剤」の場合、皮脂汚れを落とすことはできますが、コロナウイルス等の除去効果はありません。使い分けには十分にご注意ください。

塩素系漂白剤使用中は換気を

塩素系漂白剤を使う時(放置する時含む)には、必ず窓を開けるか換気扇を回して、十分に換気をしましょう。

ゴム手袋は必須アイテム

塩素系漂白剤を使う時には、必ずゴム手袋をしましょう。素手で次亜塩素酸ナトリウムを扱うと、激しい手荒れが起きます。

作業中は水ハネに注意

次亜塩素酸ナトリウムが作業中に着ている衣類に付くと、衣類の色落ちや褪色が起きてしまいます。布マスクの消毒中には「水ハネ」が起きないように、静かに作業を進めましょう。

 

3.布マスクのメイク汚れの落とし方は?

メイクをしている人の場合、布マスクの内側にファンデーションや頬紅・口紅等が付いてしまうのが困りものですよね。

「布マスクの基本の洗い方だけだとメイク汚れが落ちない…」そんな時には、メイクスポンジ用の洗剤を使ってみましょう。

【用意するもの】

  • スポンジクリーナー(パフ・スポンジ専用洗剤)
  • 洗面器
  • 洗濯用液体洗剤
  • タオル
  • 洗濯ハサミまたはピンチハンガー

【布マスクのメイク汚れを落とす手順】

  1. 布マスクが乾いている状態で、スポンジクリーナーを汚れが気になる部分に少量付けます。
  2. クリーナーを付けた部分に35℃前後のぬるま湯をほんの少し付けて、軽くつまみ洗いをします。
  3. メイクの汚れが浮いてきたら、洗濯用液体洗剤を溶かしたぬるま湯に布マスクを漬けて、10分程度放置します。
  4. マスク全体を優しく押し洗いします。
  5. ぬるま湯を使って2~3回すすぎを行います。
  6. タオルに挟んでポンポンと叩き、水分を吸い取ります。
  7. 洗濯ハサミまたはピンチハンガーで形を整えて干します。
  8. 直射日光の当たらない場所で、十分に自然乾燥させましょう。

スポンジクリーナーは乾いた状態で効果を発揮


資生堂 スポンジクリーナーN 198 (L) 120mL

メイクスポンジやメイクブラシを洗うための専用スポンジクリーナーは、マスクが濡れていない状態で直付けをした方が汚れを分解する効果を発揮します。水分を与えるのは、クリーナーを付けた後にしましょう。

変色テストをしておくと安心

色物の布マスクの場合、布マスクの素材や染料によっては、色落ちや変色等が起きる可能性があります。一番目立たない場所に少量のスポンジクリーナーを付けて、変色が起きないかどうか事前にテストすることをおすすめします。

 

おわりに

布マスク落とし方

布マスクの汚れの落とし方・消毒方法はお役に立ちそうですか?ちなみに市販製品の布マスクに比べると、手作り布マスクは型崩れが比較的起きやすいです。

布マスクの洗濯後にはギュッと絞らずに、優しくタオルで水分を取ってしっかり形を整えましょう。洗濯後のこの工程を丁寧にしておくと、布マスクの寿命がグッと長くなりますよ。