簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

黄ばみになる「汗ジミ」、キレイに落とすシミ抜き方法とは?

f:id:curininngu:20180715102648j:plain

白いシャツの首周りや脇の周辺が、なんだか黄色っぽい…こんな「黄ばみ」の現象に困っているという人は少なくありません。洗っても洗っても落ちない黄ばみの原因は「汗ジミ」。主に初夏~夏、秋にかけて発生しやすいシミなのですが、体温の高い人や男性では年中「汗ジミ」に悩まされているという人も居ます。

汗ジミによる黄ばみは、放置しておくと更に色が変質して茶色いシミから更に「黒ずみ」へと進化してしまいます。見た目にもどんどん汚くなってしまうので、早めにきちんとしたシミ抜きをしておきたいですね。今回は衣類の汗染みをキレイに落とす2つの方法をご紹介していきます。

?

 

酸素系漂白剤で汗染みをスッキリ!

汗ジミによる黄ばみは、汗腺に含まれる「リポフスチン」という色素成分によって生まれます。更に皮脂に含まれる「タンパク質」が熱等によって凝固するため、色素成分の汚れの周辺をガッチリと固めて、どんどん取れにくいシミにしてしまうんですね。このようなシミに対しては、「漂白」をするのがおすすめです。ただ塩素系の漂白剤を使うと衣類の色素も取れてしまうので、衣類を傷めにくい「酸素系漂白剤」を使います。

「酸素系漂白剤は普段も使ってるけど、汗ジミが落ちない」と思う人も居るかもしれませんね。でもそれ、「洗濯機にそのまま入れる」という方法を取っていませんか?ガンコな汗ジミは、その方法では落とすことができません。いくつかのプロセスを加えることで、酸素系漂白剤のシミ抜き効果がググッとアップするんです。

【用意するもの】

・酸素系漂白剤(液体タイプ)
・食器用洗剤(中性のもの、液体タイプ)
・古い歯ブラシ
・洗濯用洗剤
・ラップ(食品用のもの)
・洗面器かバケツ

 

【シミ抜きの手順】
1)シミの部分に食器用洗剤を直接つけます。濃縮タイプの場合には、小皿等にとってから水で薄め、歯ブラシを使って液剤をつけていきます。
2)歯ブラシで汚れ部分を軽く叩き、シミ汚れを浮き上がらせていきます。
3)水でよくすすぎます。
4)シミの部分に酸素系漂白剤の原液を塗り込みます。
5)洗面器かバケツに40℃程度のお湯を張って、洗濯用洗剤を適量溶かします。4)で漂白剤を付けた衣類を漬け込み、上からラップでフタをします。
6)30分程度放置してから、衣類の状態をチェックします。
7)汚れが取れたら、洗濯用洗剤で全体を手洗いもしくは洗濯機洗いをして仕上げます。

※水洗いができない製品にはこの方法は使用できません。洗濯表示をよく確認しましょう。
※お湯で縮む製品の場合には、この方法は使用できません。
ウールシルク、カシミヤ等のデリケート製品には、漂白剤は使えません。
※生成り・薄いピンク等の製品は、酸素系漂白剤によって変色を起こすことがあります。事前に目立たない部分でテストをしておくことをおすすめします。

 

 

落ちきらないガンコな汚れには「セスキ炭酸ソーダ」!

「漂白剤でもキレイに汚れが落ちきらなかった」…この場合には、タンパク質の固まり方がかなり強くなっている可能性大。こんな時には、タンパク質汚れを落とすのが得意な「セスキ炭酸ソーダ」を使ってみましょう。セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸塩のハーフといった存在で、重曹よりも水に溶けるのが早く、繊維の奥の汚れを浮かすことに優れています。

かつては手に入れにくかった「セスキ炭酸ソーダ」ですが、最近ではドラッグストアや100円均一ショップでも取り扱われるようになり、グッと身近なシミ抜きアイテムとなりました。

【用意するもの】

・セスキ炭酸ソーダ
・スプレー容器
・水

 

【シミ抜きの手順】
1)スプレー容器に水を500ml入れて、セスキ炭酸ソーダ小さじ一杯を加えます。
2)フタをしてから容器をよく振って、セスキ炭酸をよく溶かします。
3)浴室・洗面所などの濡れても良い箇所に衣類を広げます。
4)シミが気になる部分に、2)で作ったスプレーをたっぷりとかけていきます。
5)30分~1時間程度放置します。
6)水でよくすすぎます。
7)上記の「酸素系漂白剤」による漂白をもう一度行います。「少し汚れが残っている」という場合には、酸素系漂白剤に少量のセスキを加えることで、より漂白力を上げることができます。

※セスキ炭酸ソーダはアルカリ性です。中性洗剤しか使用できないデリケート衣類には使用できません。
※染色方法によっては、変色・色落ち等が起こる可能性があります。目立たない部分に付けて10分程度置き、異状が起きないかテストを行いましょう。

セスキの 激落ちくん セスキ炭酸ソーダ 500g

・商品サイズ (幅×奥行×高さ) :135×65×200mm
・原産国:日本
・内容量:500g

 

 

おわりに

汗ジミによる黄ばみを自分で落とす方法はいかがでしたか?ご自宅にあるキッチン用洗剤や、100円均一で買えるセスキ炭酸ソーダを加えるだけでも、ガンコな汗ジミはググッと落としやすくなります。またセスキ炭酸ソーダを普段行っている洗濯機洗いに加えれば、汗染みが起こる予防にもなりますよ。

なおコートやジャケット等の水洗いができない製品や、着物やドレスと言った高級製品に汗ジミができてしまった場合、ご自宅で対処をするのは少々難しいです。自分でシミ抜きをすると衣類を傷めてしまう可能性が高いので、クリーニング専門店に持ち込み、汗ジミ箇所を見てもらいながら対処を相談することをおすすめします。