簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

靴・カバン・財布・レザージャケット…革製品の染み抜き方法は?

f:id:curininngu:20160828160851j:plain

 

カバンや財布、靴等の皮革製品は、特にシミには弱いもの。
でも毎日使っていると、思いもよらないトラブルで染みができてしまうこともありますよね。
「シミが目立つから、もう使えないかも」と諦めていませんか?
ここではご自宅でできる革製品の染み抜き方法について、シミの種類に合わせた二通りの方法をご紹介していきます。

 

水シミ・雨シミには「スポンジ」が活躍!

雨等によるいわゆる「水シミ」(輪染み)の主な原因は、水滴によって皮革の中の染料が乾燥部分へと流れてしまっていること。
そのため一度水分を補って染料のバランスを戻せば、目立つ輪染みが軽減されます。

 

用意するもの

・食器用スポンジ(柔らかい素材のもの)
・柔らかい布(使い古しのTシャツ等)2枚
・革用クリーム(保湿用)

※革用クリームは「靴墨」とは異なります。
染料の多い靴墨・仕上げ剤はひび割れ等の原因となるため利用できません。

 

注意点

・製品・染色方法によっては変色・色抜けを起こす可能性があります。必ず目立たない部分で事前にテストを行いましょう。

 

手順

1)スポンジを水に浸し、しっかりと絞ります。
水分が多すぎると新たなシミができる原因となるので、濡らしすぎにはご注意ください。


2)スポンジで軽く叩きながら水分を補っていきます。
水分が垂れるほどに補うのは、濡らしすぎです。
触った時に「軽く湿っているかな」という程度に湿らせていきましょう。


3)財布等の小さめの製品の場合には、製品全体に水分を補います。
大きい製品の場合、シミの有る部位全体に水分を補います。


4)柔らかい布で全体をよく拭きます。


5)皮革用クリームを薄く塗り、再度別の柔らかい布で拭き上げます。


6)形を整え、陰干しで自然乾燥させます。
縮み、変色、ヒビ割れの原因となるため、ドライヤーや日向等での素早い乾燥は行わないようにしましょう。
またカビや臭いを発生させないよう、乾燥はしっかりと行います。

 

油分の多いシミにはレザーシャンプー

食べこぼし等の油分が多いシミ抜きには、レザー用のシャンプーを使用します。

 

用意するもの

・革用シャンプー(レザーシャンプー・レザーソープ)
・柔らかい布(使い古しのTシャツ等)2~3枚
・革用クリーム(保湿用)

※皮革用シャンプーは、水洗い不要のタイプを選ぶのが理想的です
※革用クリームは「靴墨」とは異なります。
染料の多い靴墨・仕上げ剤はひび割れ等の原因となるため利用できません。

 

 注意点

・製品・染色方法によっては変色・色抜けを起こす可能性があります。
必ず目立たない部分で事前にテストを行いましょう。
・シャンプー・ソープ製品によっては、使用方法が異なる場合があります。

 

手順

1)布で全体をから拭きして、汚れを取り除いておきます。


2)シャンプーを泡立てるか、スプレータイプの泡をシミ部分を中心に載せます。


3)全体を優しく洗っていきます。
強く擦ると革の傷み・色抜けの原因となるため、柔らかく触れるように気をつけましょう。


4)柔らかい布で泡を拭き取ります。


5)陰干しで自然乾燥させます。
縮み、変色、ヒビ割れの原因となるため、ドライヤーや日向等での素早い乾燥は行わないでください。


6)革用クリームで油分を補います。

 

 

おわりに

 皮革製品に水分を補ったり、専用ソープで洗浄を行った場合には、必ず保湿用のクリーム等で手入れを行うことが重要です。
水分を与えた状態だけで乾燥させると、ヒビ・色抜け等の別のトラブルが起こってしまう可能性があります。


「皮革製品ケア用品をあまり持っていない」という人や、「革製品のケアは普段行わないから不安」という人の場合、これからケア用品を揃えて染み抜きを行うよりも、皮革クリーニングを行う専門店に依頼をした方が良いでしょう。

またシミ範囲が広い場合や、色素が強いシミ、事前テストで色落ちが見られた場合等には、ムリに自宅でのケアを行わず、依頼をした方が安心です。