簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

醤油のシミを落としたい!自分でできる醤油の染み抜き方法

f:id:curininngu:20180506114106j:plain

お刺身や寿司、焼き魚に目玉焼き…日本の家庭の献立では欠かすことのできない「醤油(しょうゆ)」の存在。でも小皿のしょうゆが知らないうちにハネてしまったりと、意外と服を汚してしまう困り物でもありますよね。知らないうちに醤油のシミができていた!なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は自宅でできる醤油のシミ抜き方法についてご紹介していきます。

 

1.醤油のシミを中性洗剤で落とす

醤油のシミは水に溶ける水溶性。油を含まないシミなので、早い段階のシミ抜きであれば、水かぬるま湯+中性洗剤で落とすことができます。

 

【用意するもの】

・台所用中性洗剤
・綿棒もしくは歯ブラシ
・洗面器等の容器
・タオル

 

【中性洗剤を使った醤油のシミ抜き手順】

1)洋服のシミがある部分の裏側にタオルをあてておきます。


2)洗面器等に中性洗剤を適量垂らし、ぬるま湯で薄めます。


3)綿棒もしくは歯ブラシを水で濡らし、シミ部分を軽く叩いて濡らします。


4)綿棒もしくは歯ブラシを2)で作った溶液に浸します。


5)溶液に浸した綿棒で、シミ部分を軽く叩いていきます。強くこすらないようにしてください。


6)厚地の綿等の丈夫な素材の場合には、軽くつまみ洗いをしてもOKです。


7)シミの色が目立たなくなったら、洗濯用中性洗剤で全体を洗濯機洗いもしくは手洗いして仕上げます。

※水洗いができない製品には中性洗剤は使えません。
※必ず事前に目立たない場所に溶液を付け、色落ち・変色等が起きないかチェックをしておきましょう。

 

2.酸素系漂白剤で醤油のシミを落とす

醤油は色素が多いシミであるため、付いてから時間が経過すると色素が繊維にくっついてしまい、軽く染色をしたような状態になってしまいます。中性洗剤で落とせなかった場合には、漂白剤で付着している色素を分解しましょう。この時には、生地を傷めにくい酸素系の漂白剤を使用します。

 

【用意するもの】

・酸素系漂白剤(液体タイプ)
・綿棒もしくは歯ブラシ
・洗面器等の容器
・タオル
・中性洗剤

 

【漂白剤を使った醤油のシミ抜き方法】
1)濃縮型の漂白剤の場合には、使用方法に従って水等で薄めて溶液を作っておきます。


2)洋服のシミがある部分の裏側にタオルをあてておきます。


3)綿棒もしくは歯ブラシに漂白剤を付け、シミの部分を上から軽く叩いていきます。


4)何度か行ってもシミが落ちない場合には、漂白剤をシミ部分に叩いて行き渡らせた状態で、中性洗剤を薄めた水を入れた洗面器に浸らせ、15分~20分程度放置します。


5)シミの色が目立たなくなったら、洗濯用洗剤で全体を洗濯機洗い、もしくは手洗いして仕上げます。

※水洗い不可・手洗い不可の製品には酸素系漂白剤は利用できません。
※シルク・ウール等、素材によっては酸素系漂白剤による縮みや劣化が起きます。漂白剤のパッケージ表示と衣類の洗濯表示を確認し、使用可能な素材かどうかをチェックしましょう。
※濃色製品・天然染色製品等の場合、色落ち・変色が起きることがあります。必ず事前に目立たない場所でテストを行い、変色が起きないか確認しましょう。

 

 

3.酢を使って醤油のシミを落とす

「洗剤でも漂白剤でも醤油のシミが残ってしまう」と困ってしまった時には、奥の手としてを使ってみましょう。酸性成分の強い酢には弱酸性(中性にかなり近い)の醤油を分解しやすいという特徴があるため、ガンコな醤油のシミが目立たなくなるんです。

 

【用意するもの】

・酢(穀物酢等でOK)
・小皿
・洗面器等の容器
・綿棒もしくは歯ブラシ(シミ範囲が広い場合にはタオルかガーゼ)
・タオル2枚
・中性洗剤

 

【酢を使った醤油のシミ抜き方法】

1)小皿に酢をごく少量出し、水で2倍~3倍程度に薄めます。


2)洋服のシミがある部分の裏側にタオルをあてておきます。


3)薄めた酢を歯ブラシか綿棒につけて、シミの部分を軽く叩いていきます。ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。


4)もう1枚のタオルでシミ部分を軽く叩き、分解した汚れをタオル側に移します。


5)シミが目立たなくなったら、一度シミの部分を中心に水で丁寧にすすぎます。


6)洗濯用中性洗剤で全体を洗濯機洗い、もしくは手洗いして仕上げます。

※酢は強い酸性であるため生地を傷ませることがあります。シルク等のデリケート製品には使用できません。
※染色方法によっては変色、色抜けを起こすことがあります。必ず事前に目立たない部分でのテストを行ってください。
※必ず最後にすすぎと中性洗剤による洗濯をしましょう。すすぎが不足していると酢の成分が残り、変色や生地の劣化を起こすことがあります。

 

おわりに

醤油のシミ抜きは「対応の速さが命」とも言われています。ごく早い応急処置の段階であれば、水かお湯に浸したハンカチ等でも手早くシミ抜きをすることが可能です。しかし反対に時間を長く置いてしまうと、シミ抜きがどんどん難しくなっていきます。

水洗いできない製品・高級な製品等の場合には「どうしよう…」と迷うより、早めにクリーニング店に依頼をしましょう。