読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

意外な方法でキレイに!ココアの染み抜き方法

飲み物

f:id:curininngu:20160904131259j:plain

 

ココアは一度こぼすと落としにくい汚れとなることでも有名です。
「白いTシャツ等にココアの取れないシミを作ってしまった…」という経験がある人も多いのではないでしょうか?
ココアの染み抜きには、実はちょっとしたコツがあるんです。
ここではココア染みを落とすための二通りの方法をご紹介していきます。

 

ココアの脂肪を「クレンジングオイル」で落とす!

飲み物のココアには、カカオの脂肪分、そして牛乳の乳脂肪分が豊富に含まれています。これらで構成されたココアの染みは油分が高く水に溶けにくい不溶性で、水洗いや中性洗剤等だけでは分解しきれません。
そこでまず、油分によって染みを浮かせることが必要になります。
自宅で手軽に使える汚れ浮かしの油分が、普段メイク落としに使っているクレンジングオイルです。

 

用意するもの

・クレンジングオイル
・歯ブラシ/綿棒(染み範囲によって使い分けます)
・タオル
・キッチン用洗剤(中性のもの)

 

 注意点

衣類の素材によっては、変色・色落ち・輪染みを起こす可能性があります。
事前に洋服の目立たない箇所でテストを行った方が安心です。

 

手順

  1. シミ部分の裏側にタオルをあてておきます。
  2. 歯ブラシまたは綿棒にクレンジングオイルを染み込ませ、染み部分を軽く叩くようにオイルを馴染ませていきます。 ゴシゴシと擦ると色素が広がってしまうので、あくまでも軽く叩いてください。
  3. 特にシミの周辺部分は汚れが残りやすいため、丁寧に汚れを浮き上がらせます。
  4. 綿・麻等の素材の場合には、40℃程度の熱めのお湯で、一度シミ部分を丁寧に濯ぎます。縮みやすい素材の場合にはぬるま湯を使用しましょう。
  5. シミ部分にキッチン用洗剤を少量つけ、歯ブラシまたは綿棒で軽く叩きます。
  6. もう一度熱めのお湯(素材によってはぬるま湯)で濯ぎを行い、状態をチェックします。
  7. 通常の洗濯で全体を仕上げ洗いします。

 

落としきれない場合には「ベンジン」で

クレンジングオイルではどうしても落ち切らない…という場合には、より強い溶解成分を持つベンジン(揮発油)を使用します。

 

用意するもの

・ベンジン
・タオル2枚(汚れても良いもの)
・中性洗濯用洗剤

 

 注意点

 ・ベンジンでのシミ抜きは、生地によっては色落ち・色剥げ・柄滲み等の深刻なダメージを引き起こす場合があります。事前に目立たない場所で必ず色移りのテストを行ってください。
・窓を開けて、換気をした状態で行いましょう。
・手荒れを防ぐため、手袋等を着用して作業することをおすすめします。

 

手順

  1. シミのある部分の裏に、乾いたタオルをあてておきます。
  2. もう一枚のタオルの一部にベンジンを染み込ませます。
  3. ベンジンを染ませた部分で、シミ部分をトントンと軽く叩いていきます。 ゴシゴシ擦ったり、強く叩いたりすると汚れが広がったり、生地の痛みや色落ちを起こしますので、あくまでも優しく作業を行いましょう。
  4. シミ汚れが目立たなくなったら、中性洗濯用洗剤を使ってシミ部分を丁寧に手洗いします。
  5. 最後に手洗いもしくは洗濯機で全体を仕上げ洗いして終了です。

 

おわりに

 ココアのガンコなシミを落とすには、クレンジングオイルや熱めのお湯、溶解度の高いベンジン等、作用の強いホームクリーニング手段を講じる必要があります。
ただ、これらの方法は生地にダメージを起こすこともあり、特にシルクや薄手の生地等のデリケート素材には向いていないこともあります。


レースやシルク等の繊細な素材が使われていたり、絶対にダメにしたくないオシャレ着等に染みがついた場合には、クリーニング店に相談をした方が良いでしょう。
その際にはココアを原因とした染みであることを事前に言っておくと、よりきれいいな仕上がりに近づきますよ。