読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

意外とカンタン!ドレッシングの染み抜き方法

調味料

f:id:curininngu:20160903180113j:plain

 

サラダには欠かせない調味料であるドレッシング。でもドレッシングは食事中にハネやすく、気づいた時には「シミができてる!」なんてこともありますね。ここではドレッシングの染み抜き方法について、ケースに合わせた二通りの方法をご紹介していきます。

 

外出先でもOK!シミの応急手当て

ドレッシングは液体の色が目立ちにくいため、外出中等に染みがついても「サッと拭いてしまえば平気かも?」と思う人も多いようです。
ところがドレッシングに含まれる成分(油分)は酸化するといわゆる「油ジミ」となり、落ちにくい汚れとなってしまいます。

身近にあるもので早めに対処を行えば、それだけで染みが残らずに通常洗濯でOKとなることも。またその後に自宅で染み抜きを行う場合でも、手間がグッと減りますよ。

 

用意するもの

・ハンカチ(あれば)
・ティッシュ/タオルペーパー
・手洗い用の石鹸・液体石鹸(トイレにあるものでOK)

ミヨシ石鹸 液体せっけんそよ風

 

手順

1)ティッシュもしくはタオルペーパーでシミ部分を軽く何度か抑え、水分と油分をできるだけ吸い取ります。


2)濡らしたハンカチ(タオルペーパーでも可)の角に石鹸・液体石鹸をごく少量つけて、シミ部分をトントンと軽く叩きます。


3)ハンカチ・タオルペーパーの洗剤が付いていない部分で、再度シミ部分を叩きます。すすぎの代用であるため、できれば作業を丁寧に行えたほうが理想的です。


4)乾いたタオルペーパー(ティッシュでも可)で残った水分を抑えるようにしてよく吸い取ります。

 

自宅で行うしっかり染み抜き

ドレッシングにはオリーブオイルやごま油等の食用油が使われており、これが通常洗濯では落ちにくいガンコなシミの元となります。
このような食用油を分解してくれる成分が強いのが、食器洗いに使用するキッチン用の中性洗剤です。

 

用意するもの

・キッチン用洗剤(中性のもの)
・タオル
・歯ブラシ(使い古しのもの・毛が柔らかいものが理想的)

 

注意点

衣類の素材によっては色落ち・変色を起こす場合があります。事前に目立たない場所でテストを行っておくと安心です。

 

 

手順

1)シミの裏側にタオルをあてておきます。


2)歯ブラシにキッチン洗剤を含ませ、シミ全体に洗剤を馴染ませます。


3)トントンと軽く叩くようにシミ汚れを浮かせていきます。シミ範囲が広い場合、シミの外側(周辺部)から内側に向かって叩くようにしていくと輪染み残りを防げます。


4)ぬるま湯~熱めのお湯を歯ブラシに含ませ、再度シミ部分を叩いておきます。


5)水洗いをして状態をチェックし、シミ残りが見られる場合には3)~4)を繰り返します。6)手洗いもしくは洗濯機洗いで全体を仕上げ洗いします。

 

おわりに

今回ご紹介した染み抜き方法は、水洗いが可能であるもの、綿・麻等の丈夫な素材を想定しています。
特にシルク・カシミヤ等のデリケートな素材の場合には生地にダメージに起きる場合もありますので、自己責任の上で作業を行ってください。
高級ワンピースや着物等の大切な衣類の場合には、無理に染み抜きを行わず、早めにクリーニング店に依頼をしましょう。