読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

血液の染み抜きは凝固したタンパク質を分解することでキレイに!

f:id:curininngu:20160820205407j:plain

 

指を切ったり鼻血が出たり…突発的なアクシデントで洋服に血がついてしまうことは意外と多いもの。血液染み抜きはすぐに洗えば意外と落ちやすいのですが、時間が経つごとにガンコなシミとなり、通常の洗濯方法ではなかなかキレイに落とせないのが困りますよね。


ガンコな血のシミには、その独特の成分に合わせた対処をするのが大切です。ここでは血液のシミをキレイに落とすための2つの染み抜き方法をご紹介していきましょう。

 

「大根おろし」で血液成分を分解!

血液には多くのタンパク質が含まれています。タンパク質は時間が経過するごとに固まる性質を持っているため、繊維にこびりついて「落ちないシミ」となってしまうんですね。


このタンパク質を分解してくれるのが、ふだん食卓に上がっている「大根おろし」です。大根おろしに含まれる酵素「ジアスターゼ」で、凝固しやすいタンパク質を分解していきます。

 

f:id:curininngu:20160820212642j:plain

 

用意するもの

・大根(10センチ~15センチ程度)
・大根おろし
・タオル
・ガーゼ(ハンカチでも代用可)
・台所用洗剤(中性のもの)

 

手順

1)シミの部分の裏側にタオルをあてておきます。

2)大根をおろします。
大根に含まれるジアスターゼは空気に触れることで減少するため、おろしてすぐに使用することが大切です。必ず染み抜きをする直前に大根をおろしましょう。

3)ガーゼで大根おろし(スプーン1杯程度)をくるみ、シミ部分をトントンと叩いていきます。

4)適宜大根おろしの量を増やし、常にガーゼのキレイな部分が当たるようにしながらシミを抜いていきましょう。

5)シミが目立たなくなったら台所用中性洗剤を少量付けて優しく手洗いし、最後に通常の洗濯で仕上げます。
この時、洗濯には必ず「」を使用してください。
ぬるま湯はお湯を使うとわずかに残ったタンパク質が凝固してしまいます。

 

ガンコな汚れには「重曹」が活躍

大根おろしでも落ちないガンコな血液汚れには、酵素入りの洗濯洗剤・酵素漂白剤を使用します。より強い酵素の力で、血液汚れを分解していくわけですね。この時、これらの洗剤や漂白剤の力をアップしてくれるのが「重曹」です。

 

国産重曹 5kg【食品添加物】掃除・洗濯・お料理・エコ洗剤 食用なので安心

用意するもの

・洗濯用洗剤(酵素入りのもの)
・酵素系漂白剤(液体系のもの)
・重曹
・小皿等の容器
・歯ブラシ
・タオル

 

注意点

・漂白剤で「塩素系」のものは絶対に使用しないでください。混ぜると人体に有害なガスが発生します。
・事前に必ず目立たない場所で色落ち・変色チェックを行いましょう。
・特に濃色系、天然染め、シルク等のデリケート素材の製品は漂白剤で生地の傷み、変色、縮み等が起こる可能性があります。シミ抜きは自己責任で行ってください。

 

手順

1)シミ抜き用の溶剤を作ります。
小皿に洗剤大さじ1、漂白剤大さじ1、重曹大さじ1を入れて、歯ブラシでよく混ぜておきましょう。

2)シミの部分の裏側にタオルをあてます。

3)シミ抜き用溶剤を歯ブラシで軽く塗っていきます。
トントンと軽く叩くようにしながら、生地に溶剤を馴染ませていきましょう。
ゴシゴシ擦ったり、強く叩くと生地の傷み・色抜け等の原因となりますので、あくまでも優しく行ってください。

4)一度水で濯ぎ、シミの残りチェックを行います。
シミが残っている場合には再度溶液を塗り、30分程度放置して汚れを分解させます。

5)シミが抜けたらよく水洗いし、通常洗濯で仕上げます。

 

おわりに


血液汚れを落とすための染み抜きの工程では、必ず最後にきちんとした「水洗い」が必要です。水を使わずに中途半端にシミ抜きを行うと分解された汚れが周囲に残り「輪染み」となってしまうことも。


洗濯表示に「水洗い不可」とある場合や、デリケート素材等で漂白が難しいという場合には、専門のクリーニング店に依頼をしましょう。