読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

水洗い無しでもOK!「アンモニア水」を使った染み抜き方法

洗剤・薬品

「アンモニア水(水酸化アンモニウム)」とは、気体である「アンモニア」を水に溶かしたもの。アンモニアは虫刺されの薬やパーマ液等にも使用されていますが、実はこの「アンモニア水」、染み抜きにも役立ってくれるアイテムなんです。ここではアンモニア水を使ったシミ抜き方法やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

 

アンモニア水は何からできているのか?

 アンモニアは、色がなく、目や鼻につーんとくるしげきの強いにおいの気体です。とても水にとけやすい気体で、水の体積の約750~1000倍もの体積のアンモニアがとけます。気体のアンモニアを水にとかした水溶液がアンモニア水です。

引用:学研教育情報資料センター資料より

 

アンモニア水が効果を発揮するシミとは?

アンモニア水に含まれるアンモニウムは、タンパク質を溶解させる作用を持っています。そのため人間のタンパク質が多量に含まれる血液のシミ、皮脂のシミ(汗ジミ)等に効果的です。またアルカリ性であるアンモニアは、ワイン紅茶等、色素の強い水溶性のシミの分解も得意とします。

【アンモニア水が効果的なシミ】

・血液のシミ
・襟汚れ等の皮脂のシミ
・ワイン、紅茶等の水溶性色素シミ

 

アンモニア水でのシミ抜き方法

汗ジミ・襟汚れの場合

  1. 水500mlに対し小さじ1/2のアンモニア水を溶かします。
    ※濃度アンモニア10%の場合の使用量です。濃度が異なる場合には使用量を適宜変更します。
  2. 作った溶液にタオルを浸して絞ります。
  3. 衿・ワキ等の汚れの気になる部分を軽くタオルで叩いていきます。こすらずに優しく叩くのがコツです。
  4. 最後に乾いたタオルで全体を拭き上げます。

 

血液・ワイン等の場合

  1. アンモニア水を少量容器に出し、同量の水で薄めます。
  2. シミの裏にタオルをあてておきます。
  3. 歯ブラシもしくは綿棒に1)で作った溶液を浸し、シミ部分を軽く叩いて汚れを溶かします。
  4. 別のタオルやガーゼでシミ部分を叩き、汚れをタオルへ移していきます。
  5. シミが目立たなくなるまで3)と4)を繰り返します。

 

アンモニア水を使う場合の注意点

 ●必ず変色テストを行う
やや強いアルカリ性であるアンモニア水を使用すると、素材や染色によっては色落ち・色抜け・変色が起きる可能性があります。また白色衣類の場合、黄色く色が染まる恐れがあります。事前に必ず目立たない場所で変色テストを行いましょう。

●必ず換気をする
匂いが強いので、作業は屋外で行うか、室内では窓を開け、換気扇を回すようにしましょう。

●ゴム手袋・メガネ等をする
肌質によってはアンモニア溶液が付着した箇所が手荒れ・肌荒れを起こす可能性があります。作業中はゴム手袋等を着用し、肌を保護しておいた方が良いでしょう。またメガネ・ゴーグル等で目を保護しておくと安心です。

 

アンモニア水のメリット

●水洗いが不要
アンモニア水は揮発性が高いため、最後に水洗いで仕上げる必要がありません。制服やスーツなどの水洗いしにくい衣類の染み抜きに活躍してくれます。

●価格が手頃
アンモニア水は50mlに対し200円前後と価格が比較的安価です。また希釈して使えるのでコストが安く抑えられます。現在はネットでも販売されていますが、ドラッグストアや薬局等でも手軽に購入可能です。

 

アンモニア水のデメリット

 ●刺激臭がある
パーマ液・脱色剤のようなキツい刺激臭があります。人によっては気分が悪くなる可能性があるので、マスク等で匂いを吸い込まないように対策をした方が良いでしょう。

●広い範囲のシミには不向き
シミの範囲が広いと、シミを溶かし出す前にアンモニアが揮発してしまいます。

●日常的な染み抜きには不向き
染み抜き後には独特の刺激臭が衣類に残るため、匂いを飛ばすためにしばらく陰干し等をしておく必要があります。頻繁に使用をするとアンモニア臭が取れなくなってしまうので、日常的な染み抜きには向いていません。

 

おわりに

水洗い要らずで染み抜きができるのが魅力の「アンモニア水」ですが、ツンとした独特の悪臭があるのが難点です。また色素が強いシミで範囲が広い場合には、シミが取り切れずに滲んだ状態となるだけという可能性があります。

・着物等の高級衣類
・アルカリ性に弱いデリケートな衣類(絹・皮革・ウール・カシミヤ等)
・シミの範囲が広い
・アンモニアの匂いを残したくない

 

上記のような場合には無理にアンモニア水でお手入れをするよりも、プロのクリーニング店に依頼をした方が無難です。