読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

漂白剤を使って簡単キレイにできる汗ジミの染み抜き

f:id:curininngu:20151004095926j:plain

 

汗をかきやすい時期に悩んでしまうのが、汗ジミです。
汗が気になって、制汗剤を使用している方は沢山いると思いますが、衣類が黄ばんでしまう原因にもなります。


汗ジミというと、漂白剤を使う事で、キレイに染み抜きがでるといったイメージがありますが、特に、時間が経過してしまった汗染みは、簡単に落とす事はできません。
でも、酸素系漂白剤を使って、自宅で簡単に落とす方法があります。

汗ジミの染み抜きに使用するのは、酸素系漂白剤です。
最初に、衣類の目立たないところに、綿棒に染み込ませた酸素系漂白剤を付けて、ドライヤーで乾かします。


この時に色落ちがしなければ大丈夫です。
まずは、汗ジミの部分を、台所用中性洗剤を使って洗います。
これは、衣類に残っている油分を落とす為です。
黄ばみの原因というのは油分ですから、軽い汗ジミであれば、食器用洗剤で洗っただけで、キレイに落ちる場合もあります。


そして、染みがついている部分に漂白剤を塗ります。
範囲が広い部分には、スプレー式の漂白剤を使うと便利です。
そして、漂白剤をつけた部分に、ドライヤーを当てて加熱します。
ドライヤーで加熱をする事で、染み抜きの効果が上がります。


染みが薄くなったら効果がある事になりますから、漂白剤を塗ってドライヤーで加熱する、といった手順を繰り返し行ないます。
最後に、染みがキレイになったら、いつもと同じように洗濯をすれば、染み抜きが完了します。

もう一つ、家庭でできる汗ジミをキレイにする方法があります。
汗染みの部分に、台所用の漂白剤をつけて、5〜10分放置します。
そうすると染みが薄くなりますから、良くすすげば手軽にキレイになります。
ただし、この方法は生地にダメージを与えてしまうので、デリケート素材の衣類には使用できません。


特に白いシャツなどは、汗ジミがつくと目立ってしまいます。
漂白剤を使った染み抜きは、生地にダメージを与えてしまう可能性もありますが、すっきりキレイにするのにはお勧めの方法です。
ただし、オシャレ着などは、専門家に任せる事をお勧めします。