読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

染み抜きに大活躍!「台所用中性洗剤」を使ったシミ抜き方法とは?

洗剤・薬品

ふだん食器洗いに使っている台所用の液体中性洗剤。実はコレ、衣類のシミ抜きに大活躍してくれるアイテムなんです。ここではキッチン用洗剤を使用したシミ抜きについて、シミ抜き方法や注意点等を詳しく解説していきます。

 

台所用中性洗剤が効果を発揮するシミとは?

 キッチン用洗剤は、いわゆる「食べこぼし系」のシミに効果を発揮してくれます。食器洗いに使用される中性洗剤は、食べ物に含まれる油や色素を分解するために特化した成分が多めに含まれているのが特徴です。そのため、ガンコなシミとして残りやすい油溶性のシミや色素成分の強いシミにも向いています。

 【中性洗剤が効果的なシミ】

  • ドレッシング・ソース・マヨネーズ等の調味料系のシミ
  • カレー・ワイン等の色素の強いシミ
  • ココア(ミルクココア)、ヨーグルト等の乳脂肪分系のシミ

 

台所用中性洗剤でのシミ抜き方法

  1. 衣類を広げ、シミの裏側にタオルをあてておきます。
  2. 歯ブラシを水で濡らしてから、シミ部分を軽く叩いて湿らせます。
  3. 洗剤少量を歯ブラシにつけ、シミ部分をごく軽く叩いていきます。擦ったり強く叩くとシミの広がり・生地の傷みの原因となるので、あくまでも軽く叩くことが大切です。
  4. ぬるま湯もしくは冷水で軽く濯ぎ、色素残りをチェックします。色素が残っている場合には再度3)を行います。
  5. シミが目立たなくなったら、手洗いもしくは洗濯機を使った通常洗濯で仕上げます。

※シミ範囲が狭い場合には、歯ブラシではなく綿棒を使用します。
※3倍濃縮タイプの場合、原液ではなく3倍程度に水で希釈した溶液を使用してください。

 

台所用洗剤を使う場合の注意点

アルカリ性洗剤の使用は避ける

台所用に使われる洗剤には、中性のものの他、弱アルカリ性/アルカリ性のものもあります。これらは洗浄力が非常に強く、よりガンコでベトベトとした油汚れ(例:換気扇汚れ、レンジフード周りの汚れなど)等にに向いた製品です。

しかし衣類にアルカリ性キッチン洗剤を使うと、生地によっては強い変色や色落ち、また衣類が薄くなる・溶けるといった変質を起こす可能性があります。必ずパッケージ裏面の液性を確認し、シミ抜きには「中性」を使用するようにしましょう。

 

変色・色落ちテストを行う

中性の台所洗剤でも、生地・染色の内容によっては色落ち・変色が起きる可能性はあります。シミ抜きに使用する場合には事前に衣類の目立たない場所でテストを行い、問題が無いか確認しておきましょう。

 

台所用中性洗剤のメリット

●購入不要か安価に購入できる
現在お使いの食器用洗剤が中性のものであれば、わざわざ新しくシミ抜きグッズを買う必要がありません。
また新たに中性洗剤を購入される場合でも、3倍濃縮タイプの価格は160ml~180mlで100円~140円。
原液使用タイプでは800ml入り等の大容量でも300円台と安価です。
ドラッグストア等で割引販売も頻繁に行われていますし、選択肢も広く手軽に購入できます。

●気軽にシミ抜きが行える
漂白剤のように放置時間を置く必要もなく、またベンジン等の揮発性溶剤のように換気等の準備を入念に行う必要もありません。
「シミができた!」と思ったら、使い古しの歯ブラシさえあればすぐにシミ抜きに取り掛かれます。

特に小さなお子さんのいるご家庭等では「食べこぼしシミ」は頻繁に起こるもの。
ササッと汚れ落としができる中性洗剤で、早めに対処をしておきましょう。

 

台所用中性洗剤のデメリット

●水洗いは必須
中性洗剤でのシミ抜きでは、最後に必ず水かぬるま湯での「濯ぎ」の工程が必要になります。
洗剤原液や洗剤溶液が衣類に残ったままだと変色の原因となるため、シミ抜き作業後に水洗い・丸洗いができない製品には使用できません。
シミ抜き前には洗濯表示をよく確認しましょう。

●時間が経過したシミの対処は難しい
シミができてから長い時間が経過してしまうと、シミ成分が繊維に強く絡みつき、中性の洗剤では分解しきれなくなってしまいます。
特にシミに気づかずに何度も洗濯と乾燥を行っている場合、成分の酸化や変質が起こっており、中性洗剤のみでシミ抜き対処を行うのはやや困難です。

●デリケート素材には向いていない
シルク・アルパカ・カシミヤ等の繊細な素材の場合、独特の風合いが洗剤使用によって失われたり、縮みや生地の傷みを起こす可能性があります。

 

おわりに

 台所用中性洗剤は、日常的にできるシミをサッと落としてくれる心強い存在です。しかし水洗い不可の製品・デリケート素材の製品には向いていない等、使用範囲にはある程度の限定性があります。


「これは絶対ダメにしたくない!」というような大切な衣類のシミ、また古いシミ等については、シミのプロである専門のクリーニング店に依頼をした方が無難です。

 

黄ばみに便利!オキシドールでのシミ抜き方法や注意点を解説します

洗剤・薬品

オキシドールとは、過酸化水素水を水溶液で希釈したもの。傷口や肌の殺菌・消毒として主に医療用に使用される製品ですが、実は「染み抜き」にも使えるアイテムなんです。ここではオキシドールの染み抜き方法や使用上の注意について詳しく解説していきます。

 

 

オキシドール使用が効果的なシミとは?

オキシドールは人間の皮脂等に含まれるタンパク質を分解させる作用を持っています。
そのため、以下のようなシミや汚れにはオキシドールが効果的です。

 

・Yシャツの袖口汚れ
・エリ汚れ
・下着・肌着などの白い衣類の黄ばみ
・血液の汚れ

 

 オキシドールでの染み抜き方法

【シミ範囲が小さい場合】

  1. 小皿等の容器にオキシドールを適量入れ、同量の水を加えて混ぜます。
  2. シミ・黄ばみ部分の裏側にタオルをあてておきます。
  3. 歯ブラシ(汚れが小さい場合には綿棒)を1)で作った溶液に浸し、シミ部分を軽く叩いていきます。
  4. 色残りが目立たなくなったら、中性の洗濯用洗剤で全体を仕上げ洗いします。

 

【シミ範囲が広い場合】

  1. スプレー容器にオキシドールを入れ、水で3倍に希釈します。
  2. アンモニア水を数滴垂らして、全体をよく混ぜます。
  3. 黄ばみの気になる部分に溶液をスプレーします。
  4. しばらく放置して様子を確認します。黄ばみが取れない場合には2~3回スプレーと放置を繰り返します。
  5. 黄ばみが目立たなくなったら、全体を洗濯機もしくは手洗いで仕上げ洗いします。

 

 オキシドール使用時の注意点

 ●換気を行う
オキシドールの原液である過酸化水素水は独特のツンと来る金属臭を持っています。
作業時には必ず窓を開けるか換気扇を回して、通気性の良い場所で作業を行いましょう。

●乾燥機は使わない
オキシドール使用直後に乾燥機を使用すると、乾燥機の熱によって色剥げ・変色等が起こる場合があります。シミ抜き処理後には濯ぎと仕上げ洗いと洗濯を丁寧に行い、陰干しで自然乾燥させましょう。

●保管場所には注意
直射日光のあたる場所・暑くなる場所での保管は過酸化水素の分解を早め、オキシドールの効力を失わせます。涼しく日の当たらない場所に保管してください。

●希釈した溶液は使い切る
スプレー容器に残った溶液の繰り返しての使用はできません。
必要な分だけスプレー液を作成し、一回で使い切るようにしましょう

 

 オキシドールのメリット

●手軽に購入できる
オキシドール(オキシフル)は、薬局やドラッグストアで購入できます。
価格も100mlで100円~200円程度と比較的安価で、小さめのボトル販売も行われているので、使いたい量だけを購入することも可能です。

●シミ抜き以外にも使える
オキシドールは傷口の消毒や、脚のニオイ対策、口臭対策等にも用いられる汎用性の高い消毒・医療用品です。
酸素系漂白剤とは異なりシミ抜き以外にも幅広く使えるので「洗剤や漂白剤ばかりが増えるのがイヤ」「洗濯グッズを増やしたくない」という人にも向いています。

 

オキシドールのデメリット

●水洗い不可製品には使用できない
オキシドールは水洗いができない製品・水濡れ不可の製品には使用できません。洗濯表示で「水洗いNG」がある場合には、オキシドール使用は避けましょう。

●色柄ものは脱色しやすい
特に濃色製品、柄ものの製品の場合、染色や生地によっては色抜けや変色を起こす場合があります。事前に目立たない場所で必ず変色・色抜けのテストを行いましょう。

●保管による黄ばみには要注意
保管していた衣類の広範囲の黄ばみ、また着物(浴衣)などの古い衣類の黄ばみの場合、皮脂汚れによる酸化が進んでおり、衣類の色素が取れやすくなっています。
クリーム色などの薄い色の生地でも白抜けが起きたり、変色しやすい状態であるため、オキシドールでの漂白には注意が必要です。

 

おわりに

気になる黄ばみを取り去って真っ白に仕上げてくれるオキシドールですが、柄物、色物などの製品やデリケートな製品では生地にダメージが生じてしまう場合があります。

特に着物やワンピースなどの高級衣類やドレスシャツ、大切に保管していた衣類などの場合には、無理にオキシドールで漂白を行わず、専門のクリーニング店に依頼をした方が安心です。

 

関連ツイート

ガンコなインクシミ対策の味方!「エタノール」の使い方

洗剤・薬品

f:id:curininngu:20160925010512j:plain

 

消毒用・医療用として使用されるアルコール(お酒)である「エタノール」。
実は消毒だけでなく、「染み抜抜きにも効果を発揮してくれる便利なアイテムなんです。ここではエタノール(消毒用アルコール)を染み抜きに使う方法や注意点を詳しく解説していきます。

 

エタノール使用が効果的なシミとは?

エタノールは油性の塗料・染料・色素成分を溶解させるを持っています。そのため通常の洗剤での洗濯では落としにくい、以下のようなシミに効果的です。

・油性ボールペンのシミ
・油性インクペン(油性マジック)のシミ
・口紅等の化粧品のシミ

 

 エタノールでの染み抜き方法

  1. シミの部分の裏側にタオルをあてておきます。
  2. ガーゼ・薄手のタオル・コットンなどにエタノールを含ませ、シミを軽くトントンと叩いていきます。強く叩かない・こすらないのがコツです。
  3. ガーゼやコットンは常にキレイな部分がシミに当たるようにし、シミを移し取るように意識しましょう。
  4. 色素の汚れが取れたら、中性洗濯用洗剤もしくは中性食器洗い洗剤でシミ部分を軽く手洗いし、残った油汚れを落とします。
  5. 最後に通常洗濯で全体を仕上げ洗いします。

 

エタノール使用時の注意点

使用中の火気は厳禁!
エタノールには引火性があります。使用中にはマッチ・ライター等の火器類、電気ストーブ等の暖房器具は使用しないでください。

換気を必ず行う
エタノールは揮発性が高いので、使用中にも空気中にアルコール成分がどんどん飛んでいきます。必ず窓をあけるか換気扇を回し、通気性の良い場所で作業を行うようにしましょう。

手袋をはめて作業する
エタノールには肌の水分を奪う作用があります。乾燥肌・敏感肌の人、手荒れが心配な人は手袋をはめて作業をした方が安心です。

強くこすらない
シミを落とそうと強く擦ると、シミが却って広がったり、生地を激しく傷めてしまいます。必ず優しく、ゆっくりと作業を行うように気をつけましょう。

 

エタノールのメリット

●ガンコなシミを溶解できる
ボールペンのインクや化粧品等の着色剤は水に溶けにくい上に、漂白剤等を使用してもなかなか分解することができません。しかしエタノールはこれらの染料を溶かすことができるため、落ちにくい色シミに効果を発揮してくれます。

●薬局で手軽に買える
エタノール(エチルアルコール)には水分0.05%以下の「無水エタノール」と、精製水でアルコールを薄めた「消毒用アルコール」があり、いずれも薬局・ドラッグストアで販売されています。消毒用アルコールの方が若干価格が安めですが、こちらでもシミ抜きに利用可能です。

 

消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL

 

エタノールのデメリット

●水性塗料・インクには不向き
水性ボールペンやゲルインクボールペン等に使用されている着色料は「顔料」で、水にも油にも溶けにくく、エタノールでも溶解させることができません。

●コストが高く感じられる
消毒用アルコールは500mlで800円程度~、無水エタノールは500mlで1000円~となっています。殺菌消毒やお掃除等によく利用される人であれば幅広い使用が可能ですが、あまりエタノールを使わないという人、頻繁に染み抜きをされない人の場合には1回あたりのコストが高く感じられるかもしれません。

●色落ち・色剥げの可能性がある
エタノールはインク色素だけでなく衣類の染料も溶解させることがあります。素材や染色方法によっては色落ち・色ハゲが起きる可能性があるので注意が必要です。事前に必ず目立たない場所でテストを行い、色移り等が無いかを確認しましょう。

●シミ範囲が広いと対処が難しい
エタノールでのシミ抜き対処は「エタノール(アルコール)で洗う」のではなく「アルコールで溶かして、他の布に移し取る」というものです。
付いている染料が非常に多かったり、シミ範囲が広い場合には、溶かした染料が他の部分に流れだしたり、何度作業をしても色素が取りきれないことがあります。

●風合いが失われる製品がある
皮革製品にエタノールを使用すると、ツヤや光沢が失われるので使用しない方が無難です。またシルク等のデリケートな衣類、刺繍等が入っている衣類は摩擦に弱いため、エタノールで軽く拭いただけでも独特の風合い・色合いが失われる可能性も考えられます。

 

おわりに

 普通の洗い方では落とせない染料系のシミに効力を発揮してくれるエタノール。でも生地によっては強いダメージを受けることもありますし、色素の内容によっては溶かせないものもあります。

・シミの原因がよくわからない(水性インクか油性インクか不明)
・シミ範囲が広い
・デリケート素材等の高級衣類である
・水洗いができない
・テストで色移りがあった

上記のようなケースでは無理にエタノール処理を行わず、プロのクリーニング店に依頼をした方が安心です。

油系染み抜きに効果を発揮する「ベンジン」とは?

洗剤・薬品

 

ベンジンとは、原油から精製した可燃性の高い揮発油のことです。燃料・溶剤として使用される他、油を溶解させる機能があるために業務用及び家庭用で「染み抜き剤」として使用されます。
ここではベンジンの染み抜き方法や、注意点、メリット・デメリットについて解説していきましょう。

 

ベンジンに向いているシミって?

ベンジンは「油」を溶解させる効果を持っています。
そのため油分・脂肪分の多い油溶性のシミ、水・お湯・通常洗濯では落としにくい以下のようなシミに効果を発揮してくれます。

 

チョコレートココア等の脂肪分の多い食品シミ
ファンデーション口紅等の化粧品シミ
油性ペンキ油性インククレヨン等の等の塗料系のシミ

 

 ベンジンの使い方

  1. シミの裏側にタオルをあてておきます。
  2. もう一枚のタオルにベンジンを染み込ませ、シミ部分を軽く叩きます。
  3. ベンジンでシミが溶け出しタオルで叩いた部分に移るので、タオルの常にきれいな部分が接触するようにし、タオルにシミを移し取っていきます。
  4. シミが目立たなくなったらベンジンを少量タオルに染み込ませて、シミ周辺部を内側に向かって軽く叩き、輪郭が目立たないようにぼかします。
  5. 水洗いできる製品の場合には、通常洗濯で仕上げます。水洗い不可製品の場合にはそのままよく乾燥させます。

 

ベンジン使用時の注意点

換気は絶対行う

ベンジンは揮発性が高く、作業中にもその成分(ガス)は空気中にどんどん散布されていきます。密閉された空間でベンジンを扱うとガスを吸い込むことになり危険です。
必ず窓を開けて換気扇を回し、通気性の良い部屋で作業を行いましょう。

 

火気厳禁

ベンジンは引火性が高く、ガスが充満した場所では少しの火でも大きな火災となる恐れがあります。
ベンジン作業中はライター・マッチ・ガスコンロ・暖房器具の使用は絶対NGです。

 

染み抜きには精製度の高いものを

ベンジンの価格は1リットル600円~1200円程度と価格にバラつきがありますが、品質の良くないものだと生地を傷めてしまう恐れがあります。
精製度の高い良質なものを購入した方が安心です。

 

色移りテストは必ず行う

ベンジンの使用は染色・生地によっては多大な色落ちや色抜けを起こす可能性があります。
必ず衣類の目立たない部分で一度少量のベンジンを使った色移りテストを行い、色移りが見られる場合には使用を中止しましょう。

 

マスク・手袋を着用する

ベンジンは危険物であり、顔や体に触れると手荒れ・炎症を起こす可能性も考えられます。マスクや手袋・メガネを使用し皮膚を保護した状態で使用することをおすすめします。

 

ベンジンのメリット

水濡れ不可の製品に使える

ベンジンは揮発性が高くすぐに乾く油であるため、水洗いできない衣類、水濡れ不可の製品の染み抜きに利用できます。
特に着物等の手軽に洗えない衣類には重宝する染み抜き剤です。

curininngu.hateblo.jp

ガンコなシミを溶解する

溶解力が強く、塗料が固まった状態のシミ、油分によってコーティングされてしまったシミ等のガンコなシミを溶解してくれます。

 

ベンジンのデメリット

こすると色落ち・色ハゲが起こる

ベンジンは溶解力が強い分、タオル・歯ブラシ・コットン等で強く擦ると衣類の染料も一緒に色落ちさせてしまいます。

作業はあくまでも優しく行いましょう。

 

作業に時間がかかる

ベンジンでの作業は「少しずつ溶かして、タオルに汚れを移しとる」という方式です。
洗剤のように汚れを流し落とせないため、作業には時間がかかります。
生地を傷めないためにも、作業には時間的に余裕を持って行うことが大切です。

 

慣れないと輪染みにしてしまいやすい

ベンジン作業に慣れない人が染み抜きを行うと、ベンジンを塗った部分とそうでない部分にクッキリとした輪郭(輪染み)が生まれてしまうことがあります。
輪郭を丁寧にぼかし、輪染みにならないように気をつけましょう。

 

おわりに

 油分の多いガンコなシミや水洗いできない製品に効力を発揮してくれる「ベンジン」。
でも使い方を誤ってしまうと大切な衣類がダメになってしまうこともあります。

難易度の高いアイテムであるため、ベンジンを使用する場合には普段着等で染み抜きの練習をされた方が良いでしょう。

特に着物類やシルク等の高級衣類にガンコなシミを発見して無理にベンジンに初挑戦し、失敗してしまうというケースは少なくありません。不安な場合には無理に自己処理をするよりも、クリーニング専門店に依頼をした方が安心です。

服・衣類にカビシミを見つけたら?自宅でできる染み抜き方法

その他

f:id:curininngu:20160916122344j:plain

 

湿度の高い日本では、洗って保管していたた衣類でもカビが発生してしまうことがありますね。
衣替えの時期等に白っぽい綿埃のような白カビ、またシミのような青カビ・黒いカビ等を発見して「しまった…」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?
カビのシミは発見したら放置せず、早いうちに対処を行うことが大切です。
ここではカビの種類に合わせた二通りの染み抜き方法をご紹介していきます。

 

白カビへの対処法

白カビは、衣類についたカビの中では比較的落としやすい種類に入ります。
しかし表面を払っただけで対処を終わらせてしまうのはNGです。
繊維の奥に入ったカビが再度発生しないよう、きちんとした対処を行いましょう。

 

用意するもの

・歯ブラシ(使いふるしのもの)
・服ブラシ
・ティッシュ
・洗濯用洗剤(中性のもの)

 

 注意点

・カビを払う際には必ず屋外で作業しましょう。屋内で作業を行うとカビが室内飛散してしまいます。
・天候が良い日を選びます。
・濃色染めの場合、日焼けによる変色を起こす可能性があります。

 

手順

  1. カビの発生量が多い場合には、まずティッシュ等で表面のカビを払います。
  2. 歯ブラシでカビ発生部分を優しく叩き、繊維の奥のカビを落とします。
  3. 服ブラシでもう一度ブラッシングを行います。
  4. 日当たり・風通しの良い場所で日光に長めに当て、全体を殺菌します。
  5. 洗濯用洗剤で衣類全体をよく洗い、もう一度よく乾燥させます。

 

青カビ・黒カビへの対処法

青カビ(緑カビ)・黒カビの場合には払うだけで落とすことができません。
過酸化ナトリウムが配合された酸素系漂白剤を使って殺菌漂白を行うのが効果的です。
酵素系漂白剤の殺菌力を強めるために、漂白時には熱めのお湯を使用します。

 

用意するもの

・酸素系漂白剤
・洗面器等の容器(衣類に合わせて大きさを変えます)
・容器をフタできるもの(ラップでも代用可)
・歯ブラシ(使いふるしのもの)

 

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

 

 注意点

・衣類の素材・染色によっては変色・色抜け・柄滲みを起こす場合があります。必ず目立たない場所で変色や色移りのテストを行いましょう。
・ファスナー・金ボタン等の金属類が付いた衣類は金属部周辺が変色を起こすため、この対処法は使用できません。

 

手順

  1. ポットや鍋でお湯を沸騰させ、容器の1/3程度に注ぎます。
  2. 容器の2/3程度にまで水を入れます。沸騰した湯(100℃)と同量の水を入れることで約50℃の高温湯ができます。
  3. お湯に酸素系漂白剤を適量入れます。使用量については説明書を確認しましょう。
  4. 衣類全体をお湯の中に漬け込み、容器にフタをします。
  5. 30分~1時間程度漬け置きをします。途中でお湯が冷めてしまった場合には、もう一度50℃のお湯に漂白剤を入れて、漬け直しましょう。
  6. 放置時間を過ぎたら状態をチェックします。綿・麻等の丈夫な繊維の場合には、歯ブラシを使って軽く叩くように洗ってもOKです。
  7. カビの色が目立たくなっていたら、洗濯機洗いもしくは手洗いで仕上げ洗いを行います。
  8. 日当たりの良い場所でよく乾燥させます。色焼けしやすい濃色製品の場合には、陰干しを長めに行うようにしましょう。

 

おわりに

自宅でカビのシミに対処するには、長時間の日光消毒、高温を使った漂白作業等が必要です。ケースによっては染み抜き作業によって、生地や衣類にダメージが生まれてしまう可能性があります。

  • カビの発生範囲が広い
  • 水洗いができない製品である
  • シルク・正絹等のデリケート素材でできている
  • 高温で縮みやすいウール等の素材である
  • 黒・紺色等の濃色系染めである
  • カビの発生時期がわからない(古いカビである)

上記のような場合には無理に自宅処理を行わず、クリーニング専門店に依頼をした方が安心です。