簡単 染み抜き 方法

食べ物、飲み物、調味料、化粧品からインクなど染み抜きの方法を自分で、自宅で出来る方法をご紹介!

瞬間接着剤が服に付いた時の取り方・落とし方は?知っておきたい2つの方法

f:id:curininngu:20181106141419p:plain

DIY等の作業や子供の工作にも欠かせない「瞬間接着剤」。プラスチックや木材等の素材を問わず、あっという間にピタッとくっつく強力な接着力が魅力です。でもその「強力さ」が仇となることも。瞬間接着剤が洋服に付くと、とても困ってしまいますよね。

普通のノリとは違って、瞬間接着剤は一般的な洗剤・石鹸等では溶かすことができません。白いガビガビとした瞬間接着剤のシミを見て、「あーあ」とため息…という人も多いのではないでしょうか。今回はこの落としにくい「瞬間接着剤」の汚れの取り方・落とし方について、2つの方法をご紹介していきます。

?

 

マニキュアの「除光液」で瞬間接着剤が落とせる?

 瞬間接着剤を落とすには、固まってしまった接着剤を一度溶かすことが大切。この溶剤となってくれるのが、マニキュア・ペディキュアを落とすための「除光液(ネイルリムーバー)」です。なぜ除光液が瞬間接着剤を落とすのに使えるのでしょうか?

一般的な除光液には「アセトン」という物質が含まれています。アセトンは木酢に含まれる液状の物質で、様々な油脂類を溶かす力があるのが特徴です。衣類の繊維と接着剤の成分の間にできてしまった結合を、アセトンが断ち切ってくれるというわけですね。

 

【用意するもの】

・除光液(アセトンを含むもの)
・ガーゼもしくは古い布(4~5枚)
・化粧用コットン
・洗濯用洗剤(中性のもの)
※皮膚が弱い方の場合、除光液に直接触れると手荒れを起こすことがあります。作業時には撥水性のある手袋をはめることをおすすめします。
※作業時には換気をしてください。
※衣類の素材・染料によっては、色落ち・色剥げ・変色を起こす可能性があります。必ず目立たない場所でテストを行い、異状が起きた場合には作業を中止しましょう。
※この作業では水洗いが必須となります。水洗いできない衣類にはこの方法は使えません。

 

【シミ抜きの手順】
1)シミがある部分の裏側に布をあてておきます。
2)シミがある部分の表側にも布をあてます。
3)コットンに除光液を染み込ませます。
4)あてた布の上からコットンで衣類を軽く叩きます。強く擦ったり叩くのは止めましょう。
5)除光液が溶け出すと、表・裏にあてた布に汚れが移っていきます。布のあたる部分を動かすか布を取り替えて、常にキレイな布がシミ部分に当たるようにします。
6)接着剤が溶けて汚れが取れたら、ぬるま湯でシミ部分をよくすすぎます。
7)すぐに全体を洗濯用洗剤で手洗いもしくは洗濯機洗いをして、除光液の成分を取り除きます。

 

ノンアセトンリムーバーはNG!

最近のネイルリムーバー(除光液)では、爪を傷めないように「ノンアセトン」の除光液も増えています。アセトンを含まない除光液では、瞬間接着剤を溶かすことはできません。

 

これから買うなら「アセトン原液」

「家に除光液が無い」「ノンアセトンリムーバーしかない」という場合には、ホームセンターで「アセトン原液」を買うことをおすすめします。アセトン原液は除光液よりもアセトンの含有量が多く、接着剤を溶かし出す力が強いです。

 

 

「アイロン」で瞬間接着剤が落とせる?

美容コットンなどは普段使わないし、除光液も家に無い…特に男性の場合には、上記でご紹介した「除光液で瞬間接着剤を落とす方法」がちょっとハードルが高く感じるという人が多いかもしれません。その場合には、「アイロン」をシミ抜きに使ってみるのも手です。

瞬間接着剤の結合は、冷えることでより強力になる傾向を持っています。反対に熱を与えると接着剤と衣類の結合力が弱まり、汚れを剥がしやすくなるのです。アイロンで衣類を温めて接着剤を溶かし、汚れを取ろう!というわけですね。

 

【用意するもの】

・アイロン
・アイロン台
・古い布、もしくはガーゼ(4~5枚)
※アイロンがかけられない衣類には、この方法は使えません。洗濯表示を必ずご確認ください。
※アイロンは低温設定で使用しますが、長時間の使用によって中温~高温ほどに衣類があたたまる可能性があります。高温でのアイロンがけに耐えられない衣類には使用を控えることをおすすめします。
※刺繍部分・レース部分等のデリケートな部分にはこの方法は使えません。
※ニット類等の凹凸の激しい衣類の場合、汚れが取り切れないことがあります。

 

【シミ抜きの手順】

1)シミがある部分の裏側に布をあてておきます。
2)シミ部分の上にも布をあてて、上から低温設定にしたアイロンをかけます。
3)布を外して、瞬間接着剤がくっついているかをチェックします。布の位置をずらしたり、新しい布にかえて、常にキレイな布がシミ部分に当たるようにします。
4)低温で接着剤が取れきれない場合には、衣類の設定に合わせたところまで温度を調整してみましょう。2)~3)を繰り返しながら、汚れを布へと移していきます。

 

予防法はある?

接着剤の使用前にハンドクリームを塗っておくとくっつかなくなる!!

 

 

 専用の接着剤落とし剤

コニシ ボンド アロンアルフアはがし隊 10g 60513

商品重量 18.1 g
梱包サイズ 17.5 x 8.1 x 1.8 cm

 

ハード接着剤はがし液 PR200 お試しミニタイプ

 

LOCTITE(ロックタイト) 強力接着剤落とし 30ml DSO-301

 

おわりに

衣類との結合力が非常に強い「瞬間接着剤」を落とすには、除光液等の溶剤やアイロンの高温といった強い刺激を与える必要があります。ウールシルク(正絹)・カシミヤ等のデリケート素材の場合には、これらの刺激に耐えられず衣類が傷む可能性が高いです。接着剤が付いてしまった衣類がデリケート素材・高級衣類という場合には、無理に自宅で作業をせず、早めにクリーニング専門店に依頼をした方が安心です。

味噌汁を服にこぼした!汚れを取る染み抜き方法は?

f:id:curininngu:20180926195122j:plain

日本人の食卓には欠かせないお味噌汁。豆腐やわかめ、油揚げ、しじみやあさり等、味噌汁の具にも好みが色々ありますよね。でもそんなお味噌汁、ポピュラーな存在である分だけ「服にこぼしてしまったことがある!」という人も意外と多いようです。

「朝食時に服にシミを作ってしまった」「旅先の旅館で味噌汁をこぼした」等、忙しい時にシミができた…というケースも多々ある様子。今回はこんなお味噌汁のシミについて、応急処置・軽いシミ・広い範囲のシミと、程度に合わせた染み抜き方法をご紹介していきます。

?

 

出先でお味噌汁をこぼした時の応急処置

味噌汁のシミは、水に溶けやすい「水溶性」。そのためシミが付いた直後であれば、洗剤無しで水だけでもかなり汚れを落とすことができます。旅行先や和食レストラン等でお味噌汁の汚れを服に付けてしまった時には、汚れが酷くなる前に応急処置をしておきましょう。

【用意するもの】

・タオルやハンカチ(2~3枚)
・水
・ティッシュペーパー
※袋に入った「おしぼり」は使わない方が無難です。業務用おしぼりは消毒のために塩素が使われいることがあり、浴衣・着物等の天然染衣類を色落ち・変色させることがあります。シミ抜きには通常のハンカチやタオルハンカチ等を使用しましょう。
※水はお冷や等の水でもOK。ただしレモンの香り等が付いている場合には使用を避けます。

 

【応急処置の手順】
1)固形の汚れが付いている場合には、ティッシュペーパー等で丁寧に取り除きます。
2)乾いたタオル(ない場合にはティッシュペーパーでも可)をあてて軽くトントンと叩き、シミの水分をできるだけ吸い取ります。
3)別のタオルを水で濡らしてしっかりと絞り、再度トントンと叩くようにして汚れをタオルにうつしていきます。
4)乾いたタオルで仕上げにもう一度よく叩いて、乾かしやすくしておきます。

応急処置をした衣類は、できるだけ当日中に本格的なシミ抜き・洗濯を行うようにしてください。

 

 

軽いシミならキッチン用の洗剤でシミ抜き!

味噌汁の少々のハネや汚れであれば、食器洗いに使っているキッチン用中性洗剤でシミ抜きができます。食べ物汚れを食器から剥がすのに適しているキッチン用洗剤なら、お味噌汁の汚れも比較的カンタンに、スルッと落としてくれますよ。

【用意するもの】

・キッチン用洗剤(液体タイプ)
・古い歯ブラシ
・タオル
・洗濯用洗剤(仕上げ用)
※このシミ抜き方法では、水洗いの工程が必要です。水洗いできない製品にはキッチン用洗剤は使えません。衣類の洗濯表示を必ず事前に確認しましょう。
※天然染色製品やデリケートな素材の製品の場合、色落ちや変色・生地の変質が起きる可能性があります。事前に目立たない箇所でテストを行うことをおすすめします。

 

【シミ抜きの手順】
1)シミ部分の裏側にタオルをあてておきます。
2)古い歯ブラシを水で濡らしてシミ部分を軽く叩き、水分を与えておきます。
3)キッチン用の洗剤をシミ部分に垂らします。
4)古い歯ブラシで再度、シミ部分をトントンと軽く叩きます。ゴシゴシと擦ったり強く叩くと衣類の生地を傷めてしまうので、できるだけ優しく叩くようにしましょう。Tシャツ等の丈夫な衣類の場合には、軽く揉み洗いをしてもOKです。
5)シミ部分を水で丁寧にすすぎます。
6)汚れが落ちていたら、洗濯用洗剤で手洗いもしくは洗濯機洗いで全体を仕上げます。

 

落ちにくいシミは酸素系漂白剤でスッキリ!

たっぷりの味噌汁を衣類にかけてしまった、シミができた状態で乾いてしまった…こんなケースだと、キッチン用洗剤だけだと味噌汁のシミが落ちないことも。そんな時には酸素系漂白剤を加えて、残った汚れをしっかり分解しましょう。

【用意するもの】

・酸素系漂白剤(液体タイプ)
・洗濯用洗剤(液体タイプ・中性のもの)
・洗面器等の容器
※酸素系漂白剤は、ウール・シルク等のデリケート製品には使用できません。漂白剤製品のパッケージ裏にある使用説明書と、衣類の洗濯表示をよく確認し、漂白剤が使える素材かどうかをチェックしましょう。

 

【シミ抜きの手順】
1)洗面器等に水を張って、洗濯用洗剤を適量溶かしておきます。
2)衣類のシミがある箇所に酸素系漂白剤を直接付けて、そのまま1)の溶液に漬け込みます。
3)20分~30分程度放置します。
4)衣類を一度水ですすいで汚れをチェックし、手洗いもしくは洗濯機洗いで全体を仕上げます。

 

おわりに

味噌汁のシミは、様々なシミの中では比較的家庭でも落としやすい種類です。ただシミができてから何日も時間が経過した場合や、ウールシルク等の洗えない素材に味噌汁のシミを作ってしまった場合だと、ご家庭でシミ抜き対処をするのが困難になってきます。

家では落とせないシミについては、できるだけ早めにクリーニング専門店に相談をしましょう。その際に気をつけたいのが、「ウェットクリーニング(水洗いクリーニング)」にも対応するお店を選ぶということ!味噌汁シミは水溶性なので、ドライクリーニングしかできないお店だと汚れが落ちきらないことがあります。

またお店に行った時には「味噌汁のシミ」ということを良い添えてクリーニング方法を相談すると、適切なクリーニング手段を選んでもらえますよ。

白髪染め・ヘアカラーが服に付いた時の染み抜き方法は?

f:id:curininngu:20180902133537j:plain

ドラッグストアや薬局等で手軽に白髪染め・ヘアカラーが買えるようになった今、ご自宅で白髪染めやカラーリングをするという人は多いはず。でも自宅でのヘアカラー・白髪染めで困るのが、思いもよらないところに液剤がハネてしまうことですよね。白髪染めやヘアカラーが服に付いてシミになり、取れなくなってしまった…という経験がある人もいるのでは? 今回は白髪染めやヘアカラーが服に付いてしまった時の対処法についてご紹介していきます。

?

 

早めの「酸素系漂白剤」で落ちることも

1剤と2剤を混ぜるタイプのヘアカラーや白髪染めは、髪や肌・布に付いた直後ではなく、空気(酸素)に触れることによって徐々に色が出てくるタイプとなっています。

酸素に十分に触れて発色してしまうと汚れは落ちにくくなりますが、液剤が付いた直後、5分程度であれば発色をしきっておらず、汚れが落とせる可能性も出てきます。石けん成分等の洗剤だけでは色素が取り除けないので、酸素系の漂白剤を使用しましょう。

【準備するもの】

・酸素系漂白剤(強力タイプ)
・洗濯用洗剤
・ティッシュペーパー・キッチンペーパー
・洗面器等の容器
※この方法には水洗いの工程が必要です。洗濯表示を確認し、水洗い付加の製品にはこの方法を使わないでください。
※ウールやシルクなどのデリケート素材には漂白剤が使用できません。漂白剤製品のパッケージ裏にある使用説明書と衣類の素材をよく確認しておきましょう。
※酸素系漂白剤を使用することで、衣類の染色方法によっては変色・色あせ等が起きることもあります。

 

【汚れ落としの手順】
1)クリーム等の固形物が付いてしまった場合には、ティッシュペーパー・キッチンペーパー等で拭い取っておきます。
2)汚れた部分を静かに流水に当てて、液剤をできるだけ落としていきます。汚れ範囲を広げないように注意しましょう。
3)白髪染め・ヘアカラー等のクリームが付いてしまった箇所に、酸素系漂白剤を直接塗布しておきます。
4)洗面器等の容器に水を張り、漂白剤を適量溶かし込んでおきます。
5)汚れた衣類を4)で作った液剤に漬け込みます。
6)20分~30分以上放置します。
7)汚れが落ちていたら、洗濯用洗剤で全体を手洗いもしくは洗濯機洗いして仕上げます。

 

 

更に強力な「塩素系漂白剤」を使う?

ヘアカラーや白髪染めはそもそも「染色のため」の液剤なので、衣類への付着力が非常に強力です。早めの対処でも、酸素系漂白剤では落としきれないことがあります。このような場合、一定の条件を満たす衣類であれば漂白作用が更に強い「塩素系漂白剤」を使うのも手です。

【塩素系漂白剤が使える衣類とは?】
塩素系漂白剤は酸素系とは異なり、汚れ部分だけでなく「衣類の染色」も脱色させる作用を持ちます。また生地を変質させることがあるため、デリケートな素材には使用できません。

・素材が綿/麻/ポリエステルであること
・平織りであること(ニット素材等はNG)
・色が真っ白であること(生成り色、薄いイエローやベージュがかった白はNG)
・刺繍や柄が入っていないこと
・丈夫な素材であること
・レース等が付いていないこと

 

上記の条件を満たしており、なおかつ「万一の場合には衣類が傷んでもOK」と考えられる場合には、塩素系漂白剤での汚れ落としにチャレンジしてみましょう。

【準備するもの】

・塩素系漂白剤(液体タイプ)
・洗濯用洗剤
・バケツ等の容器
※塩素系漂白剤での作業を行う際には、ゴム手袋等で手肌を保護することをおすすめします。
※塩素系漂白剤を使用する際や漂白中には必ず換気をしましょう。

 

【汚れ落としの手順】
1)バケツ等の容器に水を張っておきます。
2)塩素系漂白剤を適量溶かし込みます。製品の使用説明書を確認し、適切な使用量に抑えましょう。
3)汚れの付いた衣類を漬け込みます。
4)20分~30分程度放置します。
5)汚れが取れていたら、水で十分にすすぎます。
6)洗濯用洗剤で全体を手洗いするか、洗濯機洗いで仕上げます。

 

 

髪染めの汚れが落とせないこともある?

上記でご紹介した白髪染め・ヘアカラーのシミへの自宅での対処は、あくまでも「汚れが付いた直後」(発色が始まる前)に行うものです。以下のような状態になってしまっている場合や自宅洗濯ができない製品の場合、自宅でシミ抜きを行うのはかなり困難になります。

 

【自宅でシミ抜きしにくい汚れや衣類の種類】
・1剤・2剤を混ぜるタイプのヘアカラーで、すでにシミが発色している(色が茶色・黒等に染まっている)
・ヘアカラーと汗が混ざって首筋等に垂れてきており、襟等が汚れている
・水洗い等ができないデリケート製品である

また髪染めの種類によっても、自宅でのシミ抜きができないことがあります。以下のような酸性の髪染めは髪へのダメージが少ないのがメリットですが、着色が時間を置かずにすぐに起きるため、自宅での漂白がしにくいのです。

 

【自宅で汚れが落とせない髪染めの種類】
・ヘアマニキュア
・1剤・2剤を混ぜないタイプの白髪染め
・白髪染めトリートメント(カラートリートメント)等

衣類についた汚れが上記にあたる場合には、無理に自宅でのシミ抜きをせず、すみやかに専門のクリーニング店に相談をしましょう。

 

おわりに

「染料」であるヘアカラー・白髪染めの汚れは、一般的なクリーニング店でもしっかりと落とせないことがあります。またヘアカラーの脱色作用によって、シミができているだけでなく地色に変色が起きている可能性も高いです。

クリーニング店に相談をする場合には、工場の機械洗い(ドライクリーニングのみ)しかしない激安店ではなく、「シミ抜き」や「衣類の修復」をしっかりと行う専門店、自店舗で作業を行うクリーニング店を選ぶことをおすすめします。

ガンコな靴下汚れを落とすには?3つのシミ抜き方法を使い分けよう

f:id:curininngu:20180813103056g:plain

白い靴下・ソックスにしっかりと付いてしまった黒っぽい汚れ。「ちゃんと洗濯したつもりなのに、ちっともキレイにならない…」と肩を落としている方も多いのではないでしょうか?

靴下の汚れには皮脂汚れ・泥汚れ等のいくつかの原因があるのですが、いずれも洗濯機洗いだけでは落としにくいのが特徴です。汚れの原因に合わせたシミ抜き方法で、黒く汚れた靴下を真っ白に洗い上げてみましょう!

今回は泥汚れ・皮脂汚れ等のガンコな靴下汚れを落とす方法についてご紹介していきます。

?

 

1.泥汚れを落とすなら「固形石鹸」がオススメ

「運動部でグラウンドで走ることが多い」「毎日公園で遊んでいる」といったお子さんの靴下汚れの場合、汚れの原因の多くは「ドロ汚れ」。泥に含まれる砂はは水にも油にも溶けない「不溶性」なので、一般的な漂白剤剤等では分解することができません。

それよりも砂を衣類から剥がす力が強い「石鹸成分」が多い洗剤を使った方が得策です。例えば洗濯用の固形石けん(ウタマロ石けん等)は、液体洗剤の3倍以上の洗浄成分(脂肪酸ナトリウム等)で構成されています。泥汚れをしっかり落とすにはうってつけの存在というわけですね。

 

【準備するもの】

・洗濯用固形石鹸
・古い歯ブラシもしくは靴ブラシ
※白い靴下の場合には、蛍光剤入りのものが特にオススメです。カラー靴下の場合には蛍光剤入りの洗剤を使うと色合いがぼやけます。
※このシミ抜き方法は、綿等の丈夫な素材で作られた靴下を想定したものです。ファッション用の薄手の靴下・化繊等のデリケート素材の靴下等には使用しないでください。

【シミ抜きの手順】
1)靴下全体に35℃~40℃程度のお湯をかけて濡らします。浴室等でシミ抜きを行う場合にはシャワーを靴下の裏側に入れて、裏からシャワーを当てるようにします。
2)固形石鹸を汚れが気になる部分に直接塗り込みます。
3)全体を揉むように洗います。
4)特に汚れが気になる部分は、歯ブラシ・靴ブラシで裏側から叩くように洗います。
5)お湯で全体をすすぐか、裏側からシャワーを当ててすすぎを行います。
6)部分的な汚れが落ちたら、全体を洗濯用洗剤で洗濯機洗いして仕上げます。

 

 

2.皮脂汚れには「漬け置き洗い」がピッタリ

「体育館などの室内で運動していることが多い」「ビジネス靴下なのに黒ずみが激しい」「ドロ汚れを落としても黒ずみが取れない」…このような場合の黒ずみの原因の多くは「汗・皮脂」の汚れ。皮脂に含まれるタンパク質の汚れは最初黄ばみとして浮き出てきますが、堆積すると徐々に黒ずんで取れにくい汚れとなっていきます。

固まってしまったタンパク質汚れ(皮脂汚れ)を分解するには、酸素系の漂白剤と酵素入りの洗剤がピッタリ!時間をかけた「漬け置き洗い」をすることで、ガンコな汚れも落ちやすくなります。

【準備するもの】

・洗濯用合成洗剤(弱アルカリ性・酵素入りのもの)
・酸素系漂白剤
・バケツ等の容器
・食品用ラップ

 

【シミ抜きの手順】
1)ヤカンやポット等でお湯をわかし、沸騰したお湯をバケツに半量入れます。
2)お湯と同僚の水を入れて、50℃のお湯を作ります。
3)洗濯洗剤・漂白剤を加えてよく混ぜます。(使用量は説明書に準拠した量を使います)
4)靴下を入れて、漬け込みます。
5)バケツにラップをかけて、お湯の温度が下がるのを防ぎます。
6)2~3時間以上放置します。
7)汚れが落ちていることを確認したら、全体をいつもどおりの洗濯用洗剤で洗濯機洗いして仕上げます。

上記の方法で大切なのは、お湯の温度が50℃~60℃であることです。酸素系の漂白剤の力がもっとも発揮できるのがこの温度なんですね。特に冬場ですとお湯の温度が冷めやすいので、温かい部屋の近くに放置しておくといった工夫をすることをおすすめします。

 

3.汚れ予防・軽い汚れ落としには「部分用洗剤」を

「靴下を毎日揉み洗い・つけ置き洗いするのはちょっと大変…」小さなお子さんを持つご家族からは、こんな声もよく聴かれます。また毎回漂白剤やゴシゴシ洗いをすると、靴下の傷みが激しくなるのも気になりますよね。日常的な靴下汚れには、靴下や襟汚れ等のために作られた「部分汚れ用洗剤」が便利です。

 

【用意するもの】

・部分汚れ用洗剤(プレケア等)

トップ プレケア 部分洗い剤 ドロ用 本体 220g

・原産国 : 日本
・原材料 : 界面活性剤(24% 純石けん分(脂肪酸エタノールアミン)、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、アルカリ剤、安定化剤、金属封鎖剤
・内容量 : 220mL
・商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 67mm×46mm×181mm

 

【シミ抜きの手順】
1)汚れが気になる部分に部分汚れ用洗剤のヘッドをあてて、直接洗剤を塗り込みます。
2)汚れをしっかり落としたい時には、この時点で軽く揉み洗いをしておきます。
3)普段の洗濯機洗いの洗い物として、通常通りの洗濯を行います。

なお部分洗い用洗剤の汚れ分解力・洗浄力は、漬け置き洗い等に比べるとやや劣ることが多いです。日常的な汚れは部分用洗剤で対処し、それでも残ってしまった汚れを時々漬け置き洗い(もしくは石けんでの揉み洗い)で対処する…といったルーティンにしてみると良いでしょう。

 

おわりに

靴下汚れの落とし方については、「洗顔フォーム(スクラブ洗顔料)を使う」「ベビーパウダーを使う」といった裏ワザ的な情報も散見されています。しかしこれらの方法は洗顔フォームのスクラブやパウダーが繊維の中に潜り込んでしまうため、あまりおすすめはできません。

特に厚手のスポーツソックスの場合、繊維の中に残った成分が変質し、変色等を起こす恐れもあります。また靴下を使用するのが小さなお子さん等の場合、残った成分が肌あれの原因となることもありますので、注意した方が良いでしょう。

シャツの襟の黄ばみ・襟汚れを落とす2つの染み抜き方法とは?

f:id:curininngu:20180810103238j:plain

「きちんと洗っているはずなのに、なんだかシャツの襟が黄色っぽい!」こんな「襟の黄ばみ」に悩んでいるという方、意外と多いのではないでしょうか。汗・皮脂汚れの付着によって起こる「黄ばみ」は、特に白いワイシャツ等では目立ちやすいもの。また襟元は意外と人からよく見えているポイントでもあり、黄ばみをそのまま放置していると「だらしない人」「清潔感が無い人」と印象づいてしまう可能性も大です。自宅でできるシミ抜き方法で、早めに襟汚れを落としておきましょう。今回は襟の黄ばみ・襟汚れに対処する2つの方法をご紹介していきます。

?

 

1.キッチン用の洗剤で軽い襟汚れを落とす&黄ばみ予防にも!

「最近衿元の汚れが気になってきた」といった軽めの襟汚れの場合、ササッとシミ抜きができる便利な存在があります。それがいつも食器洗いに使っているキッチン用の洗剤です。襟の黄ばみの元になるのは、汗に含まれる「皮脂」や「タンパク質」。キッチン用の洗剤は肉汁といったタンパク質汚れ・油汚れを分解するための界面活性剤が多く含まれているので、この手の汚れを落とすのはかなり得意なんですね。

【用意するもの】

・キッチン用洗剤(液体用濃縮タイプ)
・古い歯ブラシ
・タオル
・洗濯用洗剤
※この方法では水洗い・水での濯ぎが必要です。水洗いができない製品には使えませんので、洗濯表示をよく確認しましょう。
※素材・染色によっては、色落ち・色剥げ等が起きることがあります。洗剤の本格的な使用前に目立たない場所でチェックを行っておくことをおすすめします。

【襟汚れ落としの手順】
1)襟の汚れが気になる部分を軽く水で濡らしておきます。
2)襟の裏にタオルをあてておきます。
3)襟の汚れ・黄ばみが気になる部分に、キッチン用洗剤(原液)を付けて伸ばします。
4)古い歯ブラシで襟汚れの部分を軽く叩き、汚れを浮かせていきます。ゴシゴシと擦らないように気をつけましょう。
5)水で十分にすすぎ、汚れをチェックします。汚れ残りがある場合には、3)~4)をもう一度行います。
6)洗濯用洗剤を使って全体を手洗いもしくは洗濯機洗いして仕上げます。

キッチン用洗剤は、毎回の洗濯毎の「予洗い」として使うのもオススメです。汚れが目立つ前の「予洗い」として使うのであれば、洗濯機に入れる前にキッチン用洗剤を軽く衿元に塗って、ごく優しくもみ洗いをするだけでもOK!タンパク質が繊維の中で凝固してしまう前に予洗いをすることで、襟の黄ばみをしっかりと予防してくれます。白ワイシャツを着ることが多いサラリーマンの方は、ぜひ予洗いの習慣をつけてみてくださいね。

 

 

2.粉末タイプの漂白剤で襟の黄ばみをスッキリ!

「キッチン用洗剤を使っても襟の黄ばみが落ちない」「軽く黒っぽく見えるくらい汚れている…」このような場合、繊維に残った汚れ(タンパク質)がかなり強く固まってしまっているため、一般的な洗剤だけで汚れを落とすのは難しいところ。こんな時にはタンパク質等を分解できる「漂白剤(酸素系漂白剤)」を使ってみましょう。

ちなみに「漂白剤」と言うと液体タイプを連想する人が多いですが、タンパク質・皮脂等を分解する力が強いのは「粉タイプの酸素系漂白剤」だって知っていましたか?ここではこの粉タイプ漂白剤を使用して、ガンコな襟汚れをキレイに落とす方法をご紹介します。

【用意するもの】

・キッチン用洗剤(液体タイプ)
・酸素系漂白剤(粉タイプのもの)
・洗濯用洗剤
・古い歯ブラシ
・タオル
・小皿等の容器
ウールシルク等の動物性製品、ホックやファスナー等の金属製製品がある衣類には粉タイプの酸素系漂白剤は使用できません。衣類の変質(縮み等)や金属の腐食・変色等が起こります。漂白剤製品の使用説明書と衣類の洗濯表示をよく確認しましょう。
※染色・素材によっては、色落ち・変色・褪色等が起きる可能性があります。大切な衣類は必ず事前に目立たない場所でテストを行いましょう。

【襟の黄ばみの染み抜き手順】
1)衣類の襟の裏側にはタオルをあてておきます。
2)小皿等の容器にキッチン用洗剤ティースプーン2杯、酸素系漂白剤ティースプーン1杯、水15ccを加えてよく混ぜます。(汚れの範囲が広く、液剤が足りない場合には材料を同比率で増やしてください)
3)古い歯ブラシに2)で作った溶液を付けて、襟汚れが気になる部分に塗り込んでいきます。
4)3分~5分程度放置して、水で濯いで汚れをチェックします。
5)汚れが落ちている場合には洗濯用洗剤を使って全体を手洗い、もしくは洗濯機洗いして仕上げます。

 

 

襟袖専用洗剤

トップ プレケア 部分洗い剤 エリそで用 本体 250g

原産国 : 日本
原材料 : 界面活性剤(25% ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、安定化剤、アルカリ剤、pH調整剤、酵素
内容量 : 250mL
商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 68mm×46mm×198mm

ダイヤコーポレーション ダイヤ えりそでブラシ 日本製

・洗濯機に入れる前の洗濯機のえり・そでの汚れやシミ等に洗剤をつけて軽くブラッシングすれば、洗濯機で落ちやすくなります。
・毛先の細い特殊な毛を植毛してありますので、繊維の奥までしなやかに届き、繊維の傷みをおさえながら洗うことができます。
・適度な弾力のあるヘッド部と握りやすいグリップ形状で力を入れずに洗うことができます。

 

おわりに

粉タイプの漂白剤を使っても襟の黄ばみが落とせなかった…という場合、汚れが繊維の奥にまで食い込んでしまっているか、タンパク質汚れの堆積が酷く、家庭用製品では分解ができない可能性が高くなります。このような場合、無理にご家庭で漂白を繰り返すのはおすすめできません。汚れが落ちきる前に生地が傷んでしまう可能性もあり、汚れが落ちても衣類の寿命を縮める結果となってしまいます。

「襟黄ばみが上手に落としきれなかった」という場合には、水洗いとドライクリーニングの両方を行っているクリーニング専門店に「黄ばみがある」ということを良い添えて相談をしてみましょう。黄ばみの元であるタンパク質・皮脂汚れは、石油溶剤を使うドライクリーニングだけでは落としきれないことがあります。ウェットクリーニング(水洗い)も行う業者であれば、黄ばみに適したシミ抜きを行ってくれることでしょう。